橳島 次郎(ぬでしま じろう、1960年 - )は、日本の社会学者、生命倫理政策研究会共同代表。

神奈川県横浜市出身。1991年東京大学大学院社会学研究科博士課程修了、「生と死の比較社会学 -先端医療技術ないし「生命倫理」との関わりの研究」で社会学博士。1990年12月三菱化成生命科学研究所(後の三菱化学生命科学研究所)入所、2000年6月熊本大学発生医学研究センター客員教授(兼務)、2002年4月三菱化学生命科学研究所社会生命科学研究室長、04年科学技術文明研究所主任研究員、07年三菱化学生命研協力研究員。専門は、生命科学・医学の研究と臨床応用を中心にした科学政策論。

著書編集

  • 神の比較社会学(弘文堂、1987年8月)
  • 脳死・臓器移植と日本社会 死と死後を決める作法(弘文堂、1991年6月)
  • 先端医療のルール 人体利用はどこまで許されるのか(講談社現代新書、2001年12月)
  • 生命の研究はどこまで自由か 科学者との対話から(岩波書店、2010年2月)
  • 精神を切る手術 脳に分け入る科学の歴史(岩波書店、2012年5月)
  • 先端医療と向き合う 生老病死をめぐる問いかけ(平凡社新書、2020年6月)

参考編集