ねぇ!キスしてよ』(Kiss Me, Stupid)は、1964年アメリカ合衆国コメディ映画。監督はビリー・ワイルダー、出演はディーン・マーティンキム・ノヴァクなど[2]イタリア戯曲を基に脚色した作品[3]

ねぇ!キスしてよ
Kiss Me, Stupid
Kiss Me Stupid - Trailer.jpg
予告編より
監督 ビリー・ワイルダー
脚本 ビリー・ワイルダー
I・A・L・ダイアモンド
製作 ビリー・ワイルダー
出演者 ディーン・マーティン
キム・ノヴァク
レイ・ウォルストン
音楽 アンドレ・プレヴィン
撮影 ジョセフ・ラシェル英語版
編集 ダニエル・マンデル
配給 ユナイテッド・アーティスツ
公開 アメリカ合衆国の旗 1964年12月22日
日本の旗 1965年4月2日
上映時間 126分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
興行収入 $5,000,000[1]
テンプレートを表示

売れない作曲家が色男の歌手に売り込もうとする一方で、妻の貞操を心配する様子を嫉妬深い性格を含めて面白おかしく描いている[4]

ストーリー編集

キャスト編集

※括弧内は日本語吹替(テレビ版・放送日1976年4月9日 日本テレビ 他)

スタッフ編集

制作編集

ワイルダーは当初、ジャック・レモンに主演をオファーしたがスケジュールの都合で辞退。その後ピーター・セラーズに決定したものの、クランクイン後に心臓発作を起こし、医者の命令で6か月の安静期間が必要になったため降板。最終的に主演はディーン・マーティンとなった[5]

出典編集

  1. ^ "Top Grossers of 1965", Variety, January 5, 1966. p. 36. "Anticipated rentals accruing distributors in North America."
  2. ^ ウイスキーと映画の世界 男と女編『ねえ!キスしてよ』”. ウイスキーミュージアム. サントリー. 2021年8月14日閲覧。
  3. ^ ねぇ!キスしてよ - 映画.com
  4. ^ ねえ!キスしてよ”. ザ・シネマ. 2021年8月14日閲覧。
  5. ^ Article on "Kiss Me, Stupid (1964)" by John M. Miller, at Turner Classic Movies.

外部リンク編集