メインメニューを開く
画像提供依頼:本人とわかる写真または似顔絵の画像提供をお願いします。2007年12月

はた 万次郎(はた まんじろう、1962年7月16日 - )は、日本の漫画家。北海道釧路市出身、北海道上川郡下川町在住。

目次

経歴編集

1981年に上京。日本電信電話公社(電電公社・現在のNTT)電報課に勤めながらプロの漫画家を目指し、1985年に漫画家生活をスタート。1992年に北海道上川郡下川町に移住、愛犬のウッシー(2009年没)との田舎暮らしの日々を綴った漫画『ウッシーとの日々』を『ビジネスジャンプ』(集英社)に連載。もともとルポ漫画やエッセイ漫画が多かったが、下川町移住後は文章によるエッセイも執筆。

作風編集

一貫してエッセイ漫画がメインである。しかし東京時代と北海道時代ではコマ割りや絵に大きな変化がある。与えられるページが少ないこともあり、東京時代の「おもしろ図鑑」までの作品はコマ割りが非常に細かく、1ページあたり20コマ前後の細かいコマ割りであった。絵の描きこみの濃さや、見開きを使った絵も見られた。

東京時代は、ルポの対象としてオカルトUFOネタも取り上げていた。そのネタだけでまとめた『はた万次郎のUFO超能力大図鑑』という単行本もあるが、北海道への移住後は、あまり取り上げなくなっている。

1990年代後半にパソコンを導入。彩色は完全にデジタルとなる。

作品編集

漫画編集

  • ナンダくん(1980)
  • はた万次郎の青春絵日記(「ビジネスジャンプ」1985〜1987)
  • はた万遊記
  • タケオちゃんでございますよ
  • はた万次郎のおもしろ図鑑(「週刊ヤングジャンプ」1987〜1992)
  • 『はた万次郎のUFO&超能力大図鑑』 集英社、ヤングジャンプ・コミックス、1991
  • ウッシーとの日々」(「ビジネスジャンプ」1993〜1999) のち集英社より刊行
  • 『アブラコの朝 : 北海道田舎暮らし日記』 集英社、1995
  • 『北海道田舎移住日記』 集英社、集英社文庫、1998
  • 『北海道青空日記』 集英社、1998 のち集英社文庫、2002
  • はた万次郎の生活と意見(2000〜2005)
  • ウッシーの生活と意見
  • 三コママンガ(「北海道新聞地方版」2002〜)
  • サムイ伝(「月刊スキージャーナル」2008〜2013)
  • 拝啓、ご近所様(「ソウルスライド」第3号/2008)
  • 明日のために(「ソウルスライド」第4号/2009)
  • 『カミナリと2匹の犬』はたまん文庫、2015年9月[注釈 1]
  • 『ヤギの日曜日』はたまん文庫、2015年10月[注釈 1]
  • 『英雄になった犬』はたまん文庫、2015年11月[注釈 1]

絵物語編集

  • 北の絵物語(「Green」2011〜2015)

エッセイ編集

  • 北海道田舎移住日記(当初「アブラコの朝」のタイトルで発表。文庫本化にあたり改題)
  • 夢の筆箱(「Green」2000〜2005)

イラスト編集

  • ヒロ中田の旅の玉手箱(「北海道じゃらん」1996〜)
  • オアシス―不思議な犬と少年の日々(竹内真/著 はた万次郎/絵)
  • ひとりガサゴソ飲む夜は……(椎名誠/著 はた万次郎/絵)
  • 草の記憶(文庫版 椎名誠/著 はた万次郎/絵)
  • 都留信用組合2018年カレンダー(はた万次郎/絵)

脚注編集

注釈編集

  1. ^ a b c 電子書籍。

出典編集

外部リンク編集