メインメニューを開く

はるかリフレイン』は、伊藤伸平による日本漫画作品。進研ゼミベネッセ)の『高一Challenge』(1997年4月号から1998年3月号)に連載された。

コミックスは白泉社より全1巻が1998年に発売され、2016年には、TSUTAYAの“本の目利き”書店員と復刊ドットコムによる協同プロジェクト第1弾に選ばれ、再編集・増補した復刻版が発売されている[1][2]。一時期(復刊前)にはJコミ(マンガ図書館Z)での無料公開も行っていた[3]

目次

概要編集

いわゆる「ループもの」の1作[1]

ひぐらしのなく頃に』を書いた竜騎士07は、『ひぐらし〜』の執筆以前にこの作品を読んだことは無かったが、読者からの指摘に本作と『ひぐらし〜』との類似性を指摘するものも多かった。2016年に復刊ドットコムによって復刊したことを契機に竜騎士07は本作を読むが、「もし『ひぐらし〜』を書くより前に本作を読んでいたら“何をやってもこれのパクリに見えてしまう”」とまったく違ったものを描いていたか、もしくは満足して何も書かなかっただろうと述べている[1]

「ループもの」では登場人物の死が何度も繰り返されるため「死」という神聖性が薄れて行く。極論としては「(ループで生き返るのだから)周囲の関係者を先に殺して回ればいずれ犯人は判る」という意見にもたどり着く。本作では最初からコメディとして描いていることで、目の前で彼氏が死亡しても苦笑するしかないという事をストレートに描いている[4]

また、作品公開当時、バブル景気は既に崩壊し、ノストラダムスの大予言も近く、「人類は栄華を極めきっており、後は灰になるだけ」というような「諦め」ムードがフィクションの世界にも多かった。タイムスリップ、ループを扱う作品は当時もあったが、登場人物が時間の流れを操るのではなく、時間の流れに登場人物が翻弄される作品が多かった[5]。竜騎士07は当時の「空気」と合わせて、復刊された2016年時点で、本作のような「オチ」を描ける人はいなくなっているのではないかと語っている[5]

あらすじ編集

高校に進学ばかりの星はるか上条啓太は、幼なじみの恋人同士。ある日、はるかの目の前で啓太は携帯電話で通話しながら運転していた会社員の乗用車に轢かれて死んでしまう[1][3]

失意のはるかは、啓太とよく遊んだ江の島植物園の前の海岸でヘンな顔のネコに出会う。啓太の死を語りながら、ネコにフランクフルトをあげ、家に帰る途中で近所の時計台が午後4時の鐘を鳴らすが、4回目の音が聴こえてこない。気が付くと、はるかは啓太がまだ生きていた日に戻っていた。啓太が死んでしまう運命を変えようと、あの手、この手で奮闘するはるかだが、なぜか啓太はいつも交通事故で死んでしまう[1][3]

やがて、はるかは、啓太を救うために過去に戻る機会にも限りがあることに気づく。そして、啓太を救うための決定的な方法を見つける[3]

主な登場人物編集

星はるか
上条啓太
会社員
携帯電話で通話しながら運転し、啓太を轢いた人。
はるかがいろいろやって自動車を使えなくしてても、今度は自転車で啓太に突っ込んでくる[1]

コミックス編集

全1巻

出典編集