メインメニューを開く

ひょうご情報公園都市

ひょうご情報公園都市

ひょうご情報公園都市(ひょうごじょうほうこうえんとし、英称:Hyogo Media Garden City)は、兵庫県企業庁が主体となり、三木市志染町丘陵地に情報関連・流通関連・ものづくり関連の企業を集積させ、新たな情報や産業の拠点として計画された都市開発事業である。

目次

概要編集

土地利用計画案では、山陽自動車道三木東インターチェンジから同三木ジャンクションにかけての390ヘクタールの用地が第一工区から第四工区に割り当てられ、当初は産業用地の他に住宅・集客施設・公園などが計画されていた。緑地率の高い造成計画がひとつの特徴である。2003年3月頃から第一工区の産業用地の分譲が開始されたが、2009年2月現在、情報関連の企業は立地していない。

2011年、計画変更により住宅、集客施設用地も産業ゾーンに用途変更され、産業団地に特化した地域へと方針変換した。[1]

立地施設編集

企業編集

  • 菜デリカ
  • オーム電機
  • わらべや関西
  • 安全興業
  • 瑞穂
  • トビー
  • ネオジオ
  • SNKプレイモア
  • 誠和鋼販
  • 東和化学
  • ユニタイト
  • エスアールエンジニアリング
  • 日本エリコンバルザース
  • コダイ
  • ヤクルト本社
  • コストコホールセールジャパン

交通機関編集

一般道路編集

高速道路編集

  • 山陽自動車道 三木東インターチェンジからすぐ

脚注編集

外部リンク編集