メインメニューを開く

ぶらんこ』(: La Balançoire)は、フランスの画家ピエール=オーギュスト・ルノワールにより1876年に描かれた絵画である[1]パリにあるオルセー美術館に所蔵されている[2]

『ぶらんこ』
フランス語: La Balançoire
英語: The Swing
Swing-Renoir.jpeg
作者 ピエール=オーギュスト・ルノワール
製作年 1876年
種類 油彩キャンバス
寸法 92 cm × 73 cm (36 in × 29 in)
所蔵 オルセー美術館パリ

ルノワールは製作当時、モンマルトルのコルト通り12番地にアトリエを構えており、その裏手にあった庭で、本作は描かれた[2][3][4][5][6][7][8]。本作は、1877年の第3回印象派展に出品・展示されるも、芳しい評価が得られず、画家で友人のギュスターヴ・カイユボットによって買い取られた[2][9][10]

作品編集

ブランコのある庭に男女が集っており、木漏れ日が降り注いでいる。女性は、男性から少し顔をそむけ、照れたような微笑みを浮かべている[11]

ブランコに乗っている女性のモデルは、ルノワールのアトリエの近くに住んでいた女性、ジャンヌである[12]。彼女は、同時期に描かれた『ムーラン・ド・ラ・ギャレットの舞踏会』でも登場しており、道でルノワールにスカウトされてモデルになった[1]。髪は栗色の巻き毛で、白地にやや紫がかったブルーのリボンがあしらわれたドレスを身にまとっている。ドレスは、腰の部分にボリュームをもたせた「バスル・スタイル」と呼ばれるもので、1870年代に大流行した[1]

女性の前に立っている男性は、青い上着を身につけている。その傍らでは、幼い女児が女性を見上げている。その後方で、黄色い服の男性が青い上着の男性に視線を投げかけている[13]。小径の奥には、男女が何組か描かれている[14]

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ a b c 佐々木宇蘭 (2016年2月14日). “バラ色のパリ、着飾る庶民を活写 都市と田園のきらめき(上)”. 日本経済新聞. https://www.nikkei.com/news/print-article/?R_FLG=0&bf=0&ng=DGXMZO98928590X20C16A3MY3000&uah=DF230320167145 2019年1月12日閲覧。 
  2. ^ a b c “「ルノワール」展”. 日本経済新聞. http://www.nikkei.co.jp/nikkeiinfo/news/info_20151016_01.pdf 2019年1月12日閲覧。 
  3. ^ モンマルトル美術館”. モンマルトル美術館. 2019年1月12日閲覧。
  4. ^ ルノワールの庭”. モンマルトル美術館. 2019年1月12日閲覧。
  5. ^ 宮澤政男. “展覧会紹介”. Bunkamura. 2019年1月12日閲覧。
  6. ^ 増田葉子. “モンマルトル 芸術家の集ったパリの丘”. メゾン・デ・ミュゼ・デュ・モンド. 2019年1月12日閲覧。
  7. ^ 印象派を巡る旅”. ノルマンディー地方観光局. 2019年1月13日閲覧。
  8. ^ 印象派ゆかりの地”. フランス観光開発機構. 2019年1月13日閲覧。
  9. ^ オーギュスト&ジャン”. Bunkamura. 2019年1月12日閲覧。
  10. ^ マダム・ド・モンタランベールのミュゼ訪問 56 モンマルトル美術館”. メゾン・デ・ミュゼ・デュ・モンド. 2019年1月12日閲覧。
  11. ^ “木漏れ日の庭 今も丘に”. 日本経済新聞. (2016年5月4日). https://www.nikkei.com/article/DGXMZO00182210X20C16A4970M00/ 2019年1月12日閲覧。 
  12. ^ オルセー美術館・オランジュリー美術館所蔵「ルノワール」展 鑑賞ガイド”. 文化庁. 2019年1月12日閲覧。
  13. ^ 水原紫苑 (2016年5月20日). “ぶらんこ 歌人・水原紫苑”. 日本経済新聞. https://www.nikkei.com/article/DGXKZO02564750Q6A520C1MM0000/ 2019年1月13日閲覧。 
  14. ^ 『もっと知りたいルノワール』 2009, p. 22.

参考文献編集

  • 島田紀夫『もっと知りたいルノワール 生涯と作品』東京美術、2009年。ISBN 978-4-8087-0872-6