メインメニューを開く

ぽーぽーは、小麦粉を適量の水で溶き、フライパン等の平たい焼き油味噌ソースを薄く塗ってくるくる巻いた沖縄料理。名称は中国餑餑に由来するとの説もあるが、真偽の程は定かでない。一般的にはカタカナ表記の『ポーポー』が多い。

昔の沖縄では「ユッカヌヒー」(5月4日、本土の端午に相当)に子どもの成長を願って、ごちそうの一つとして作られていた。琉球王国の宮廷では東道盆の一品とされた。今日でも地元の居酒屋のメニューに登場する。

沖縄料理には、「ぽーぽー」同様に平たく焼きあげる「ヒラヤーチー」と「ちんびん」もあり、混同されがちだが、「ヒラヤーチー」は小麦粉を出汁で溶き、ニラツナ缶などを加えて平たく焼いた「お好み焼き」に似た食品である。一方で「チンビン」は元来琉球王朝の格式高い料理で、小麦粉と黒糖を溶かした液を混ぜあわせ焼きあげる甘味の強いものである。

参考文献編集

  • ナイチャーズ編、『沖縄いろいろ辞典』、(1992)、新潮社。p.108-109

関連項目編集