メインメニューを開く

めぐり逢い』(Love Affair)は、1994年に製作された、ウォーレン・ベイティ主演のアメリカ合衆国の映画キャサリン・ヘプバーンが出演した最後の映画。

めぐり逢い
Love Affair
監督 グレン・ゴードン・キャロン
脚本 ロバート・タウン
ウォーレン・ベイティ
製作 ウォーレン・ベイティ
製作総指揮 アンドリュー・Z・デイヴィス
出演者 ウォーレン・ベイティ
アネット・ベニング
キャサリン・ヘプバーン
音楽 エンニオ・モリコーネ
撮影 コンラッド・L・ホール
編集 ロバート・C・ジョーンズ
配給 アメリカ合衆国の旗 ワーナー・ブラザース
日本の旗 ワーナー エンターテイメント ジャパン
公開 アメリカ合衆国の旗 1994年10月21日
日本の旗 1995年4月15日
上映時間 108分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
製作費 $60,000,000[1]
興行収入 $18,272,894[1]
テンプレートを表示

邂逅』 (1939年)と『めぐり逢い』 (1957年)のリメイク

目次

あらすじ編集

元フットボールの選手であるスポーツ解説者のマイクは、シドニーへ向かう飛行機の中でテリーという女性と出会う。飛行機はエンジンの故障により珊瑚礁の島に不時着、彼らは通りがかりのロシア客船に助けられ、マイクとテリーはともに船旅をすることになる。

マイクはキャスターのリンと婚約したばかりであり、またテリーも実業家のケンと婚約をしていた。運命の人と出会うことをあきらめていたマイクとテリーであったが互いの出現で状況は一変する。

ある時、船はボラボラ島に寄港、二人は上陸して伯母ジニーを訪ねる。

キャスト編集

※括弧内は日本語吹き替え

スタッフ編集

脚注編集

  1. ^ a b Love Affair (1994)” (英語). Box Office Mojo. 2014年3月12日閲覧。

関連項目編集

外部リンク編集