ワーナー ブラザース ジャパン

ワーナー エンターテイメント ジャパンから転送)

ワーナー ブラザース ジャパン合同会社: Warner Bros. Japan LLC)は、エンターテインメント事業を行う日本企業ワーナー・ブラザースの日本法人[3][4]

ワーナー ブラザース ジャパン合同会社
Warner Bros. Japan LLC
Hibiya Central bldg.JPG
本社・日比谷セントラルビル
種類 合同会社
略称 WBJ[1]
本社所在地 日本の旗 日本
105-0003
東京都港区西新橋1-2-9
日比谷セントラルビル
設立 1992年5月29日
業種 情報・通信業
法人番号 5010401016820
事業内容 映画上映賃貸業、映画輸入配給等
映画ビデオ・DVDの企画制作・販売
テレビ放映権・ブロードバンド向け映像配信権のライセンス事業
キャラクター商品のライセンス管理
邦画/アニメ/オンライン/家庭用ソフト/モバイルコンテンツ事業
ワーナーブラザースプロパティーの利用許諾及び管理
代表者 社長兼日本代表: 高橋雅美
資本金 272,000,000円
従業員数 230名(2016年3月時点)
決算期 12月
所有者 ワーナー・ブラザース・エンターテイメント・グループ[2]TIME WARNER GROUP 100%)
主要部門 ワーナー・ブラザース映画
ワーナー・ブラザース ホームエンターテイメント
ワーナー・ブラザース テレビジョン
ワーナー・ブラザース コンシューマープロダクツ
外部リンク https://warnerbros.co.jp/
テンプレートを表示

目次

概要編集

事業体制として、映画製作・配給部門「ワーナー・ブラザース映画」(Warner Bros. Pictures)、家庭用ソフト・デジタルコンテンツ部門「ワーナー・ブラザース ホームエンターテイメント」(Warner Bros. Home entertainment、旧ワーナー・ホーム・ビデオ&デジタル・ディストリビューション)、テレビ・映像配信部門「ワーナー・ブラザース テレビジョン」(Warner Bros. Television)、キャラクター商品ライセンス部門「ワーナー・ブラザース コンシューマー プロダクツ」(Warner Bros. Consumer Products)などがあり、社名よりもこれらの名義が使用されることが多い。

米国法人製作作品に加え、日本のコンテンツとして邦画・アニメ・モバイルゲーム・コンテンツアクイジションの4つの事業を展開している[5]

沿革編集

1992年5月29日タイム ワーナー エンターテイメント ジャパン株式会社として設立。

2002年に株式会社イーストウエスト・ジャパン、株式会社ワーナーミュージック・ジャパンと合併し、ワーナー エンターテイメント ジャパン株式会社: WARNER ENTERTAINMENT JAPAN INC.)となるが、2年後の2004年にはタイム・ワーナーの音楽部門分離・売却に伴い、音楽ソフト部門を株式会社ワーナーミュージック・ジャパンとして分離される。

2010年、『最後の忠臣蔵』で本格的に邦画製作に参入[6]

2011年、ジェネオン・ユニバーサル・エンターテイメントジャパン(現:NBCユニバーサル・エンターテイメントジャパン)から川瀬浩平中山信宏などが転籍。ワーナー・ホーム・ビデオ部門がテレビアニメ事業およびゲームパブリッシング事業に参入[3][4][7]すると同時に、音楽レーベル「ワーナー・ホーム・ビデオ」も設立し[8]11月1日には日本レコード協会に準会員として加盟した[9]

2014年4月1日日本動画協会に準会員として加盟。同年5月1日、ワーナー・ホーム・ビデオ&デジタル・ディストリビューションがワーナー・ブラザース・ホームエンターテイメントに改称され[5]、家庭用ソフトのブランド名もワーナー・ホーム・ビデオからワーナー・ブラザース・ホームエンターテイメントに変更された。同時期にはモバイルゲーム事業を開始する[10]

2016年4月1日、ワーナー エンターテイメント ジャパン株式会社から社名・組織変更を行い、ワーナー ブラザース ジャパン合同会社となる[11]

販売編集

ワーナー・ブラザース・ホームエンターテイメント(旧:ワーナー・ホーム・ビデオ&デジタル・ディストリビューション部門)が、ビデオソフトおよびワーナー・オンデマンド(映画・テレビドラマ作品の有料動画配信)の企画製作・発売を担当している。

ワーナー・ブラザース映画が制作した邦画作品や、発売権利を保有しているTVアニメーション作品についても同社が発売元となる作品がある。CD店やDVDビデオソフト売場にて新譜販促用の冊子「NEW RELEASE INFORMATION」を毎月制作・無料配布している。ブルーレイディスクソフトの販促キャンペーンに2009年から2013年まで菊川怜を「ブルーなレイ」として起用している。

日本市場にはこれまでワーナー・ホーム・ビデオ(ワーナー・ホーム・ビデオ(初代、ワーナー・パイオニア→ワーナーミュージック・ジャパン))より発売してきたが、1992年に新会社としてタイム ワーナー エンターテイメント ジャパン(後のワーナー ブラザース ジャパン)が映像部門からの現物出資で設立されることになり、同年度以降(正式には6月頃以降)は順次、同社からの発売となる。また、朝日放送制作のテレビバラエティ『探偵!ナイトスクープ』のディレクターズカット版傑作編として映像ソフトが発売されたのも、同社のレーベルからである。

DVDのハリウッドプライス編集

ジェネオンエンタテインメント(旧パイオニアLDC)を販売元としてDVD販売においてハリウッドプライスという2000円台でのDVD販売がされて来た。本国アメリカにおけるDVDの販売方針転換[注 1]に伴って、2005年4月以降に発売された商品に対しては2980円[注 2]、あるいは3980円[注 3]に区別されるようになったが、これに対しては値上げとなったため賛否両論が多い。これによる廉価版発売の際、今までに比べて値引率が高くなるようになり、場合によっては3980円の作品がいきなり690円、980円で販売されることがある。また、他の映画会社にある常時1500円程度で購入できる作品の導入も遅く、2008年4月に初めて発売された。ただし、TVドラマなどに関しては現在でも1枚2500円あたりの価格となっている。

その一方で他の映画会社が第3世代光ディスク(当時の「次世代DVD」)などとの兼ね合い上、リリースを削減しているUMD VIDEOを積極的に発売しており、最近では1500円と他のメーカーと比べても安い価格で販売されるようになった。また、Blu-ray DiscHD DVDも発売当初は旧作に関しては3980円程度と、他のメーカーと比べて低価格で発売されていた[注 4]

長い間、販売面においてワーナーとは良好な関係を築き上げてきたジェネオン自身も、親会社である電通ユニバーサル・ピクチャーズの日本法人にジェネオンの全事業を譲渡・合併[注 5]により「ジェネオン・ユニバーサル・エンターテイメントジャパン」に変更される事となり、ワーナーにとっては映画・音楽分野[注 6]においてライバルでもあるNBCユニバーサルの下で事業展開[注 7]する事となった上、近年ではワーナー自身によるアニメおよび主題歌の製作・販売を積極的に行っているため、事業が完全に競合することとなっている。これまで通りの関係を継続するかどうかが注目されていたが、ジェネオン制作のアニメである『とある魔術の禁書目録』の劇場版の配給や主題歌・イメージソングを提供(作曲はジェネオン所属のfripSide八木沼悟志が担当)し、さらにその後スピンオフである『とある科学の超電磁砲』のTVアニメ2期のエンディング曲を提供するなど、少なくとも会社間の関係は現在でも良好なまま維持している模様。

所属アーティスト編集

レーベルは「ワーナー・ブラザース・ホームエンターテイメント」(旧ワーナー・ホーム・ビデオ)。

過去の所属アーティスト編集

作品編集

邦画編集

ワーナーも出資した「トワーニ製作作品」については、トワーニを参照のこと。製作・配給した作品の大半が、かつて「トワーニ」として映画作品の共同製作を行っていた日本テレビ放送網との共同製作である。

特記なき限り製作・配給は「ワーナー・ブラザース映画」、発売元は「ワーナー・ブラザース・ホームエンターテイメント」[注 8]。括弧内は共同製作を行った会社、および映像ソフト発売時のソフト販売会社である。

2006年 実写映画
2006年 アニメ映画
2008年 実写映画
2008年 アニメ映画
2009年 実写映画
2009年 アニメ映画
2010年 実写映画
2010年 アニメ映画
2011年 実写映画
2011年 アニメ映画
2012年 実写映画
2012年 アニメ映画
2013年 実写映画
2013年 アニメ映画
2014年 実写映画
2014年 アニメ映画
2015年 実写映画
2016年 実写映画
2016年 アニメ映画
2017年 実写映画
2017年 アニメ映画
2018年 実写映画
2018年 アニメ映画

テレビドラマ編集

  • 相棒(日本ドラマ初)(発売元はテレビ朝日、販売元はNBCユニバーサル・エンターテイメントジャパン)
  • オルトロスの犬(企画協力及び「ワーナー・ブラザース映画ライターズワークショップ」名義で脚本に参加)(発売元はTBSテレビ、販売元はワーナー・ブラザース ホームエンターテイメント(旧ワーナー・ホーム・ビデオ))

テレビアニメ編集

ワーナー・ブラザース ホームエンターテイメント(旧ワーナー・ホーム・ビデオ) ジャパン・コンテンツ事業グループ アニメ事業部が担当[11]

2009
  • とある科学の超電磁砲S(映像ソフトの販売元はジェネオン・ユニバーサル・エンターテイメントジャパン)(2009年10月)
2011
2012
2013
2014
2015
2016
2017
2018

OVA編集

アニメ映像メディア販売編集

映像メディア販売のみを行った作品を列挙する。括弧内の年月は映像メディアの発売時期、制作年度は当時の放送時期。

家庭用ゲーム編集

モバイルゲーム編集

脚注編集

注釈編集

  1. ^ それまでは一部の新作における特典ディスクの有無が選べる。
  2. ^ 主にヒットした新作に該当、基本的に1枚組。
  3. ^ 旧作、特典ディスク付き作品に限る。
  4. ^ 現在は旧作、HD DVD化済みのタイトルを含め、価格が統一されている。
  5. ^ 北米地域は除く。
  6. ^ 日本ではエンタテインメント部門はワーナー エンターテイメント ジャパン、音楽部門はワーナーミュージック・ジャパンに相当する。かつてはワーナーミュージックもワーナーブラザースの傘下であったが、現在は投資家グループに売却されたために資本関係は無くなった。
  7. ^ 日本では「ユニバーサル」を冠する会社としてジェネオン・ユニバーサルの他にユニバーサルミュージックがある。ジェネオンの合併先であるユニバーサルピクチャーズジャパンとはかつてユニバーサルミュージックと共にヴィヴェンディの傘下であったが、ヴィヴェンディが音楽部門以外をGEに売却したため、現在はお互いNBCユニバーサルとユニバーサル ミュージック グループという異なる親会社を持ち、資本関係がない。両社も同じ地球儀のマークで事業内容が重複しているものの、現時点では合併する動きが見られていない。
  8. ^ ワーナー・ブラザース・ホームエンターテイメントの販売元は「NBCユニバーサル」だが、ワーナーとの契約上の取り決めにより、パッケージにはNBCユニバーサルの名前は記載されていない。

出典編集

  1. ^ 【ワーナー公式】利用規約”. ワーナー ブラザース ジャパン. 2016年4月13日閲覧。
  2. ^ 【ワーナー公式】ワーナー・ブラザース・グループ”. ワーナー ブラザース ジャパン. 2016年4月13日閲覧。
  3. ^ a b ワーナージャパン、ライトノベル原作でテレビアニメに参入”. PRONEWS. システムファイブ (2011年6月10日). 2013年2月28日閲覧。
  4. ^ a b ワーナー : アニメ企画事業に参入 第1弾は「ロウきゅーぶ!」と「神様のメモ帳」”. MANTANWEB. 毎日新聞デジタル (2011年6月15日). 2013年6月23日時点のオリジナルよりアーカイブ。2014年5月1日閲覧。
  5. ^ a b ワーナー、福田太一ビデオ代表が邦画事業も統括”. 映画.com (2014年4月20日). 2014年5月1日閲覧。
  6. ^ ワーナーが邦画製作進出 第一作は「最後の忠臣蔵」”. アニメ!アニメ!ビズ. アニメアニメジャパン (2009年11月5日). 2014年5月1日閲覧。
  7. ^ ハリウッド映画とゲームのシナジー効果を活かした国内展開を目指すワーナー エンターテイメント ジャパン「ゲーム パブリッシング事業正式参入 プレス発表会」開催”. 4Gamer.net. Aetas (2011年2月10日). 2013年2月22日閲覧。
  8. ^ アニメソングが席巻、音楽チャート 変わる業界地図”. 日本経済新聞. 日本経済新聞社 (2013年10月28日). 2015年4月6日閲覧。
  9. ^ 入会のご挨拶」、『THE RECORD』No.626(2012年1月号)、日本レコード協会2012年1月17日、 4頁。
  10. ^ ワーナー・ブラザース・ホームエンターテイメント、モバイルゲーム制作・配信事業第1弾「トムとジェリー ざくざくトレジャー」を発表”. Gamer (2014年6月20日). 2015年4月6日閲覧。
  11. ^ a b ワーナーが社名・組織変更、ワーナー ブラザース ジャパン合同会社に移行”. アニメ!アニメ!ビズ (2016年4月1日). 2016年4月13日閲覧。
  12. ^ 「カードキャプターさくら」が4Kスキャン新世代ニューマスターで再Blu-ray BOX化”. AV Watch. Impress Watch (2017年8月3日). 2018年1月5日閲覧。

関連人物編集

外部リンク編集