メインメニューを開く

株式会社やのまん(英称:YANOMAN CORPORATION)は、東京都台東区に本社を置くジグソーパズルカードゲームなどの製造・開発・販売会社。かつてはテレビゲームソフト・ミニカーの制作・製造も行っていた。

株式会社やのまん
YANOMAN CORPORATION
やのまん本社
やのまん本社
種類 株式会社
本社所在地 日本の旗 日本
111-0051
東京都台東区蔵前二丁目6番4号
マスダヤビル7F
北緯35度42分12.9秒
東経139度47分30.4秒
座標: 北緯35度42分12.9秒 東経139度47分30.4秒
設立 1959年12月(法人設立)
業種 その他製品
法人番号 8010501022501
事業内容 ジグソーパズル、カードゲーム等の企画・開発・製造・販売
代表者 代表取締役 矢野宙司
資本金 9000万円
外部リンク http://www.yanoman.co.jp/
テンプレートを表示

目次

会社概要編集

1954年1月、矢野満(やのみつる)が矢野満商店として創立。1959年12月法人設立。1968年に現社名に商号変更した。社名の由来は矢野満の子供の頃のニックネームから。

1974年、国内初となるジグソーパズル製造用機械を開発。それまで輸入品しかなかった国内のジグソーパズル市場に日本製のジグソーパズル第一弾を投入。日本人に親しみやすい「富士山」「金閣寺」「銀閣寺」「姫路城」「SL D-51(縦・横柄2種類)」などのジグソーパズルが大ヒットして、その後の国内ジグソーパズルブームのきっかけとなった。

1990年にTVゲーム事業に参入し、アレサフェーダなどを送り出したが、わずか7年で撤退した。なお、末期はソフトウェア事業部が設立され、「YANOMAN GAMES」ブランドを用いていた。

近年は水木しげる関連の商品を多数発売。妖怪フィギュアや、水木しげる関係本「YMブックス」やDVDなどを制作。また、2007年4月1日、鳥取県境港市の「水木しげる記念館」に隣接したプチ・テーマパーク、「ゲゲゲの妖怪楽園」をオープンした。

主な商品・ソフト編集

  • 3Dパズル・各種パズル
  • ジグソーパズル用額縁
  • TVゲームソフト
  • 携帯ゲームソフト
  • 妖怪伝
  • レイフィールド など

「台湾島」表記問題編集

一部報道で、3Dジグソーパズル地球儀で「台湾」が「台湾島」表記になっていたことが明らかになった。それを受けて、やのまんは公式HP上で、ジグソーパズルの「台湾島」表記の部分のピースを「台湾」表記の部分のピースに無償で交換することを表明した。交換は希望者のみ。

その他編集

  • 1980年ごろに、遺跡の発掘物の復元作業を疑似体験させるためのキットとして、素焼きした埴輪をバラバラにした商品を販売していた[1]

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ 渡辺和博 『たらこ筋肉』 角川書店〈角川文庫〉、1985年。ISBN 4041618010

外部リンク編集