メインメニューを開く

ゆずの葉ゆれて』(ゆずのはゆれて)は、椋鳩十児童文学賞を受賞した佐々木ひとみ小説『ぼくとあいつのラストラン』を映画監督神園浩司が実写映画化した人間ドラマ。津川雅彦松原智恵子が演じる老夫婦の若き日の思い出と、隣家の少年の不思議な体験や、家族への思いを描く。

ゆずの葉ゆれて
監督 神園浩司
脚本 神園浩司
原作 佐々木ひとみ
製作 森田勝政
製作総指揮 佐々木裕二
出演者 松原智恵子
津川雅彦
山時聡真
西村和彦
小林綾子
音楽 佐藤洋介
主題歌 元ちとせ「君の名前を呼ぶ」
撮影 岡雅一
編集 小林由加子
製作会社 株式会社グループ風土舎みすみぷろ
有限会社鹿児島文化企画
配給 エレファントハウス
公開 日本の旗 2016年8月20日
上映時間 95分
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語
テンプレートを表示

目次

あらすじ編集

美しい山と海に囲まれた鹿児島の田舎町で、老夫婦と、家族同様に接する隣家の若い家族が暮らしていた。小学4年生の武は、隣のジイちゃんが大好きだったが、ジイちゃんは寝たきりになり、足が遠のく内に亡くなってしまった。武が悲しんでいると、白いシャツを着た見知らぬ少年ヒサオが現われ、かけっこをして早く走るコツを教え、気を紛らわせてくれた。ジイちゃんの娘らが実家へ戻ってきて、葬儀の準備をする中で、バアちゃんは若かったころの夫婦の暮らしを思い出していた。葬儀の日、武は、ヒサオから宝探しをしようと誘われ、ユズの木の根本から、錆びついた缶を掘り出す。

原作編集

原作は佐々木ひとみが故郷の茨城県を想って書いた[1]小説『ぼくとあいつのラストラン』で、2010年鹿児島市主催の第20回椋鳩十児童文学賞を受賞した作品。

制作編集

制作は鹿児島市をはじめ、地元各企業、団体、個人の協力を得て、株式会社グループ風土舎みすみぷろ、有限会社鹿児島文化企画が行った。

撮影は子役の夏休みに行う必要があり、2015年7月26日の喜入祭り風景撮影に始まり、8月8日の演技クランクインから8月27日までの約1ヶ月間、鹿児島県鹿児島市喜入町で行われた[2]

監督、脚本を務めた神園浩司宮崎県都城市出身。1991年の『曼荼羅 若き日の弘法大師・空海』、1994年の『仮面ライダーJ』などで助監督を務め、手がけ、1998年にテレビドラマ『真・女神転生デビルサマナー』で監督を務めたが、劇場映画の監督は本作が初。

上映編集

地元の鹿児島市では2016年8月2日に天文館シネマパラダイスで完成披露試写会が行われ、キャストの松原智恵子、山時聡真、主題歌を歌った奄美大島在住の歌手元ちとせ、神園浩司監督が舞台挨拶を行った。

2016年8月20日に全国公開。初日は東京の有楽町スバル座で神園浩司監督、松原智恵子、山時聡真、辻本祐樹、中村美沙らによる舞台挨拶がおこなれ、立ち見がでるほとの盛況となった[3]

また、翌8月21日には、鹿児島市の天文館シネマパラダイスで、神園浩司監督、山時聡真、地元出演者らによる公開記念の舞台挨拶が行われた。

映画祭への出品・受賞編集

ソチ国際映画祭編集

2016年12月に第1回ソチ国際映画祭で日本文化思想の啓蒙貢献作品賞を受賞[4]、松原智恵子が主演女優賞を受賞[4]

アジア国際映画祭編集

2017年2月に東京で開催された第1回アジア国際映画祭に出品、上映。

スタッフ編集

キャスト編集

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ 東ヶ崎泉、「旅する映画 『ゆずの葉ゆれて』」『旅の手帖』2016年9月号p73、2016年、交通新聞社
  2. ^ ゆずの葉ゆれて プロダクションノート” (日本語). 株式会社グループ風土舎みすみぷろ (2016年). 2017年11月26日閲覧。
  3. ^ 松原智恵子、立ち見「日活以来」満員の客席に感激” (日本語). 日刊スポーツ (2016年8月20日). 2017年11月26日閲覧。
  4. ^ a b 「ゆずの葉ゆれて」の松原智恵子 ソチ国際映画祭で主演女優賞” (日本語). スポーツニッポン (2016年12月17日). 2017年11月26日閲覧。
  5. ^ a b c d ゆずの葉ゆれて スタッフ” (日本語). 株式会社グループ風土舎みすみぷろ (2016年). 2017年11月26日閲覧。
  6. ^ a b ゆずの葉ゆれて キャスト” (日本語). 株式会社グループ風土舎みすみぷろ (2016年). 2017年11月26日閲覧。

外部リンク編集