メインメニューを開く

有楽町スバル座(ゆうらくちょうスバルざ)は東京都千代田区有楽町ビルスバル興業が経営している映画館である。

有楽町スバル座
Yurakucho Subaru-za
有楽町ビル.jpg
有楽町スバル座が入居する有楽町ビルヂング
情報
正式名称 有楽町スバル座
完成 1966年
開館 1966年4月27日
開館公演 青春のお通り 愛して泣いて突っ走れ![1]
収容人員 272人
設備 ドルビーデジタル5.1ch、DLP
用途 映画上映
運営 スバル興業株式会社
所在地 100-0006
東京都千代田区有楽町1-10-1
有楽町ビルヂング2階
最寄駅 JR有楽町駅(日比谷口)から徒歩約2分
外部リンク 有楽町スバル座

沿革編集

 
初代スバル座時代の1947年にロードショー上映された『ガス燈』(監督ジョージ・キューカー1944年制作)のシャルル・ボワイエ(写真左)とイングリッド・バーグマン
  • 1946年12月31日:「本邦初のロードショー劇場」として「丸の内スバル座」が開館。1947年3月、こけら落としは『アメリカ交響楽』。
  • 1953年9月6日:火災により焼失(スバル座火災)。
  • 1966年4月27日:有楽町ビル2階に再開館。再開時の第1作は浜田光夫吉永小百合主演の日活映画『青春のお通り 愛して泣いて突っ走れ!』(監督齋藤武市)であった[1][2]
  • 1995年:開館50年記念作品として11月18日に『バッドボーイズ』、12月16日に『デスペラード』が封切られる。
  • 2003年チャールズ・チャップリン映画生活90年記念として『Love Chaplin!〜チャップリン映画祭〜』が5月31日から8月8日まで開催される。
  • 2005年:ニュー東宝シネマが「有楽座」(後のTOHOシネマズ有楽座、2015年2月閉館)に改称するのに伴い、同館のチェーンマスターの機能を引き継ぐ。
  • 2008年:この頃から松竹・東急系作品も上映する等、番組編成がフリーとなる。
  • 2011年:開館65周年を記念して『オールタイム ベストムービー イン スバル座 メモリアル65TH』と題した名作映画上映会を12月10日から2012年1月20日まで行う。
  • 2012年12月:デジタル映写システム導入。
  • 2019年3月15日:閉館することを発表。映画興行事業の展望や施設の老朽化を総合的に判断したことを理由としている[3]
  • 2019年9月13日から10月4日まで公開の「みとりし」が、最後の通常上映作品となる(最終上映は2017年12月16日公開の『花筐/HANAGATAMI』)。
  • 2019年10月5日から2019年10月20日まで「スバル座の輝き~メモリアル上映~」を行う。
  • 2019年10月20日:有楽町ビル竣工時から53年、旧劇場時代から通算75年の歴史に幕を閉じる予定。

特徴編集

 
近年のスバル座で作品が上映される大林宣彦監督
  • シャンテ シネ(現:TOHOシネマズシャンテ)開業前は「ブリキの太鼓」「ミツバチのささやき」など大人向けの文芸作品やアート系が強い映画館として知られていた。2005年4月にニュー東宝シネマ閉鎖後のチェーンマスターの機能を引き継ぎ、それ以降も東宝系の洋画を上映していたが、有楽町・日比谷地区に存在するTOHOシネマズ劇場の番組再編成によりTOHOシネマズ系の番組契約が激減。現在は主に単館系配給会社が手掛ける邦画・洋画の上映が目立ってきている。
  • 座席数は272席(うち車椅子席2)。
  • かつてはスヌーピーの映画館としても知られていた(東京地区独占上映のため)。また最近では大林宣彦監督作のメイン館になることもあり、『なごり雪』(2002年)『この空の花 長岡花火物語』(2012年)『野のなななのか』(2014年)『花筐/HANAGATAMI』(2017年)が同館をチェーンマスターに上映されていた。特に『この空の花』のスバル座上映楽日(2012年6月8日)には大林監督がサプライズで舞台挨拶を行ったというエピソードもある[4]

鑑賞方法編集

当日券(通常、割引日、夫婦50割引、障害者手帳、カード提示割引)、前売券、株主優待カード(リライトカード方式)

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ a b 【1966年4月】都心に新劇場・スバル座再開館 - YouTube 「懐かしの毎日ニュース」(2015年3月31日)
  2. ^ 青春のお通り 愛して泣いて突っ走れ!”. 日活. 2015年9月28日閲覧。
  3. ^ 有楽町スバル座が53年の歴史に幕。10月中旬閉館へ,AV Watch,2019年3月15日
  4. ^ 大林宣彦監督『この空の花 長岡花火物語』から浮かび上がるメッセージ”. ニュースウォーカー. KADOKAWA (2012年6月15日). 2014年11月14日閲覧。

関連項目編集

外部リンク編集