わかしお座礁石油流出事故

わかしお座礁石油流出事故(わかしおざしょうせきゆりゅうしゅつじこ)は、2020年にばら積み貨物船わかしお(WAKASHIO)がモーリシャス沖で座礁して石油流出を起こした事故である。

座礁したWAKASHIO
8月11日時点の石油流出
商船三井本社

概要編集

原油流出まで編集

わかしおは、2007年5月に竣工したパナマ船籍(便宜置籍)のばら積み貨物船ケープサイズバルカー)で[1]長鋪汽船の子会社である OKIYO MARITIME CORP. が所有し、商船三井傭船して運航していた[2][3]。わかしおは積み荷を積載せずに中国の連雲港を現地時間2020年7月4日に出航し、シンガポール経由でブラジルのトゥバラン港ポルトガル語版に向かっていた[4][5]

7月25日夜、インド洋を航行していたわかしおはモーリシャス南東部沖ラムサール条約の指定地域に含まれているポワント・デスニーフランス語版付近でサンゴ礁に乗り上げ座礁した[6]。乗員20名に怪我は無かった[2][3]

この座礁の際に船体を損傷し[7]、2週間後の8月6日朝には燃料タンクに亀裂が入って重油1000トン余りが流出した[8]。流出した重油はモーリシャスの生態系を破壊し、経済や食料安全保障、健康にも深刻な影響を及ぼすことが懸念されることから、モーリシャスのジャグナット首相は8月6日に環境緊急事態宣言を発出し[6][9]、引き揚げの技術や専門知識がないとして、フランスに支援を求めた。マクロン大統領は8日に支援を表明した[10]。9日、首相は船体が真っ二つになる恐れがあると公表した[11]

原油流出後編集

1000トンの原油が流出した後も、船内には未だ2800トンほどの重油と200トンほどの軽油が残っていた[12]。この時船体に入った亀裂は徐々に拡大していて、残った燃料のさらなる流出が懸念された[13]。残油抜き取り作業は急ピッチで進められた。8月12日までには燃料油抜き取り作業がほぼ完了、燃料油以外の潤滑油など100トンについても一部が回収された。その後の8月15日、船体は2つに分断した[12]横浜国立大学の岡田哲男教授(船舶海洋構造設計)は「座礁した状態で船首部と船尾部の浮力によって下に凸の曲げの力が発生し、力が集中した前方から8つ目の貨物スペース付近が割れた」と見ている。船の上下方向には弾性があるが、湾曲できる限界を超えたため、2つに分断したと考えられている。通常では積み込む貨物の重さ、また貨物が空の場合は、取り込む海水の重さで船全体のバランスをとっているが、座礁した状態では、うまくバランスが取れなくなることが確認されている。[14]この時も限定的ではあったが、一部の残油が流出したとされる[12]

分断した船体のうち、大きい方の船首部分は8月24日にモーリシャス沖15キロ、水深が3180メートルの海底へ海没処分された。小さい方の艦橋部分は8月25日現在、サンゴ礁に座礁したままである[15]

日本の対応編集

商船三井は9月11日に現地の環境保全などを目的に総額およそ10億円を拠出する支援策を発表した。サンゴ礁やマングローブ林を保全することを目的とした「モーリシャス自然環境回復基金」を設立し、商船三井は約8億円を拠出するほか、[16]現地への寄付など約2億円を負担する。[17]

運輸安全委員会は9月18日に現地に調査団を派遣することを発表した。同月20日に出発し、2週間程度かけて、船体調査や乗組員への聴取などを行う[18][注釈 1][19]

座礁の原因編集

商船三井は2020年8月9日の会見で「(モーリシャス島の南方約20マイル (32 km)を通る予定だったが)悪天候による強い風やうねりで北方へ押し流された可能性がある」とした[20]。インド人の船長とスリランカ人の副船長もその後安全航海の義務を怠った理由で8月に逮捕されているが、Wi-Fi説についてはモーリシャス政府がロイター通信の取材に際して否定している[21]。地元紙「レクスプレス」は8月13日付の記事で、乗組員が捜査当局に対して、誕生日を祝っており Wi-Fiに接続するために島に近づいたと説明したことを報じている[22]

その後12月に、事故原因は船員らが船上から携帯電話を使うため島に接近した上、現場の詳細な海図を用意していなかったため、位置や水深を正確に把握しておらず、座礁につながったと原因を公表した[23]

影響編集

イルカ397頭死んで海岸に打ち上げられたが[24]、直接この事故とは関係ないと政府当局は述べている[25]。「一帯の回復に30年前後はかかるだろう」と環境団体は深い懸念を表明している[26]

モーリシャスは世界有数の生物多様性を誇り、サンゴ礁や汽水とマングローブの生態系は地元住民の生活も支えている。国連の生物多様性条約によると、魚800種、海洋哺乳類17種、カメ2種を含む1700種の生き物の生息地とされており、生物多様性のホットスポットと呼ばれている地域である。特に今回の流出事故は環境保護の対象となっている2つの海洋生態系と湿地帯の自然保護区ブルー・ベイ・マリーン・パークの近くで起きたことで、より深刻な影響が懸念されている[27]

9月1日、悪天候のなか、重油の回収作業にあたっていたタグボートが転覆し、作業員3人が死亡、1人が行方不明となった[28]。多くのモーリシャスの国民が、座礁から石油流出までの12日間、政府の対策が不十分で被害が段階的に拡大したことを批判しており、辞任を求めて大規模なデモが起こった[24]

脚注編集

[脚注の使い方]

注釈編集

  1. ^ 調査団の団長は委員の佐藤雄二元海上保安長官が務める。

出典編集

  1. ^ Mauritius facing environmental crisis as shipwreck leaks oil”. The Guardian (2020年8月7日). 2020年8月8日閲覧。
  2. ^ a b 当社運航船 座礁および油濁発生の件”. 商船三井. 2020年8月11日閲覧。
  3. ^ a b 当社船 座礁及び油濁発生の件”. 長鋪汽船. 2020年8月11日閲覧。
  4. ^ Rough seas are hampering response to Mauritius ship leak; oil spill reaches 1,000 tons”. The Washington Post (2020年8月9日). 2020年8月12日閲覧。
  5. ^ WAKASHIO”. marinetraffic.com. 2020年8月12日閲覧。
  6. ^ a b 日本の貨物船が座礁し燃料漏出、環境災害の恐れ モーリシャス”. AFP. 2020年8月11日閲覧。
  7. ^ Capesize bulk carrier aground, Indian ocean” (英語). FleetMon.com. 2020年8月12日閲覧。
  8. ^ 商船三井運航の貨物船座礁、海に漏れ出た重油は1000トン以上”. 読売新聞. 2020年8月11日閲覧。
  9. ^ 日本の貨物船から燃料流出 モーリシャスが「環境非常事態」を宣言”. BBC. 2020年8月11日閲覧。
  10. ^ 日本の貨物船から燃料流出 モーリシャスが「環境非常事態」を宣言」『BBCニュース』。2021年3月14日閲覧。
  11. ^ 重油流出の日本貨物船、「真っ二つ」の恐れも モーリシャス沖」『BBCニュース』。2021年3月14日閲覧。
  12. ^ a b c モーリシャス座礁「わかしお」、船体が2つに分断 残油流出は限定的”. ロイター (2020年8月16日). 2020年9月29日閲覧。
  13. ^ 座礁貨物船の亀裂拡大 「真っ二つになる恐れ」 モーリシャス首相が警告”. AFP (2020年8月10日). 2020年9月16日閲覧。
  14. ^ モーリシャス、船真っ二つの謎、海難事故、人為的ミス7割、座礁で船底に限界超える圧力。『日経産業新聞』、2020年9月24日
  15. ^ モーリシャス座礁船、海没処分を完了”. AFP (2020年8月25日). 2020年9月29日閲覧。
  16. ^ モーリシャス支援に10億円 重油流出事故 商船三井など拠出『読売新聞』、東京朝刊版、2020年9月12日
  17. ^ 商船三井、モーリシャス支援10億円拠出、基金創設など、賠償と一線。『日本経済新聞』、朝刊版、2020年9月12日
  18. ^ モーリシャスに調査団派遣へ『読売新聞』、東京朝刊版、2020年9月19日
  19. ^ 運輸安全委、モーリシャスに調査団派遣、重油流出で。『日本経済新聞』、朝刊、2020年9月19日
  20. ^ モーリシャス座礁事故、長鋪汽船と商船三井が共同会見。運航船社に求められる「社会的責任」とは。”. 日本海事新聞. 2020年8月14日閲覧。
  21. ^ モーリシャス沖 座礁事故から1か月 重油は海流と風で広範囲に”. NHK. 2020年8月25日閲覧。
  22. ^ 事故当日に船内で誕生パーティーか 油流出(日本テレビ系(NNN))” (日本語). Yahoo!ニュース. 2021年3月14日閲覧。
  23. ^ 「詳細海図なく現場の水深も誤認、座礁に」 モーリシャス重油流出 商船三井が原因公表” (日本語). 毎日新聞. 2021年2月26日閲覧。
  24. ^ a b モーリシャスで大規模デモ 重油流出の対応で政府に辞任要求」『BBCニュース』。2021年3月14日閲覧。
  25. ^ モーリシャスでイルカ17頭が死んでいるのが見つかる[リンク切れ]
  26. ^ マングローブが重油まみれ、回復に30年? 貨物船座礁:朝日新聞デジタル” (日本語). 朝日新聞デジタル. 2021年3月14日閲覧。
  27. ^ モーリシャス沖の貨物船の重油流出、なぜ深刻なのか」『BBCニュース』。2021年3月14日閲覧。
  28. ^ モーリシャス重油流出、作業船が転覆し3人死亡」『BBCニュース』。2021年3月14日閲覧。

関連項目編集