メインメニューを開く

わたしの青い鳥」(わたしのあおいとり)は、1973年8月にリリースされた桜田淳子の3枚目のシングルである。

わたしの青い鳥
桜田淳子シングル
初出アルバム『わたしの青い鳥
B面 恋人になって!!
リリース
ジャンル アイドル歌謡曲
レーベル ビクター音楽産業
作詞・作曲 作詞:阿久悠
作曲:中村泰士
ゴールドディスク
チャート最高順位
  • 18位(オリコン
  • 桜田淳子 シングル 年表
    天使の初恋
    (1973年)
    わたしの青い鳥
    (1973年)
    花物語
    (1973年)
    収録アルバムわたしの青い鳥
    わたしの青い鳥
    (1)
    人形の部屋
    (2)
    テンプレートを表示

    目次

    解説編集

    • この曲で第15回日本レコード大賞最優秀新人賞・第4回日本歌謡大賞放送音楽新人賞という、当時の2大タイトルを初め、この年の各音楽賞の新人賞を総なめした。
    • 『クッククック』の歌詞は当初『ランラランラン』であったが、作曲の中村泰士が「青い鳥の鳴き方は、クッククックだ」として、阿久悠に断り無く勝手に書き換えたことを、サンテレビ『ミュージックカフェ夢中人』(2009年6月13日放送)にて語った。一方で阿久悠は「メロディが先に出来た作品で、その時点で既にこの部分だけ『クッククック』が入っていてどうにも変えようがなかった。前後ラララのハミングで、その1小節だけ『クッククック』だったというのも運命的だった(「桜田淳子BOX〜そよ風の天使〜」より)」と語っている。
    • ウルトラマンタロウ』(TBS)49話「歌え!怪獣ビッグマッチ」のラスト、歌好き怪獣オルフィカーン星人から開放された時に、この歌が流された。
    • オレたちひょうきん族』の定番コーナーだった『タケちゃんマン』では、明石家さんまビートたけしにつられてこの歌を歌い、「クワックワックワックワァ〜」と鳴いて、ブラックデビルの正体を明らかにしてしまうというギャグがたびたびあった。

    収録曲編集

    両楽曲とも、作詞:阿久悠/作曲:中村泰士/編曲:高田弘

    1. わたしの青い鳥
    2. 恋人になって!!

    カバー編集

    関連項目編集