中村泰士

日本の作曲家、作詞家、歌手 (1939-2020)

中村 泰士(なかむら たいじ、1939年昭和14年〉5月21日[2] - 2020年令和2年〉12月20日[3])は、日本作曲家作詞家

中村泰士
生誕 (1939-05-21) 1939年5月21日
出身地 奈良県北葛城郡王寺町[1]
死没 (2020-12-20) 2020年12月20日(81歳没)
学歴 奈良県立高田高等学校中退[1]
大阪府立和泉高等学校中退[1]
ジャンル 歌謡曲
職業 作曲家作詞家
活動期間 1957年 - 2020年

略歴・人物編集

奈良県北葛城郡王寺町出身。本名は泰士と書いて「たいし」と読む(芸名の読みを「やすし」としていたこともある)。クリスチャンの家に、長兄と12歳も離れた5人兄弟の末っ子として生まれる。6歳の時に歯科医師の父が亡くなり、役場に勤める母に女手一つで育てられた[1]

中学生の時、クラブ活動ブラスバンド部に入り、トロンボーン担当となる。行進曲のリズムを刻み続けることにつまらなさを感じ、部室にあったジャズの譜面のメロディーをトロンボーンで吹いていた[1]

進学した奈良県立高田高等学校にブラスバンド部がなかったため、担任教諭に頼み部を創ってもらったが、2年生の時にエルビス・プレスリーニール・セダカらのロックンロール音楽に出会い、大阪市難波神戸市三宮ジャズ喫茶へ通うようになった。当時ロカビリーブームの最中で、プレスリーを真似て髪型を「リーゼントにしてギターケースを持っていれば女の子にモテた時代」のため、「踊りも覚える。女も覚える。楽しいから学校に行かない」ようになり、「遊びほうけて授業日数が足りなかった」ため退学となった。その後、「兄が動いて」大阪府立和泉高等学校3年生に編入したが、2カ月しか通学しなかった[1]

18歳で、内田裕也佐川満男のバンド「ブルージーン・バップス」にボーカリストとして加入。「美川鯛二」の芸名で芸能界にデビューした。1995年に第14回奈良県知事選挙に立候補、約9万票を集めたが2位で落選。その後、1996年には第41回衆議院議員総選挙自由連合公認で大阪3区から立候補したが、4人中最下位で落選している。

2020年12月20日、23時50分 (JST)、肝臓がんのため死去。81歳だった[3][4]。同年9月末ごろ体調不良を訴え、10月初旬に大阪市立大学医学部附属病院で検査を受けたところ肝臓に腫瘍があることが判明したと同年11月16日に発表していた[5]。同年12月5日に行われた大阪での船上ステージが最後の活動となった[3]

歌手としての曲編集

シングル(美川鯛二名義)編集

  • 野良犬のブルース/哀しき姉(デビュー曲・東芝音工/JP-1369)
  • 赤いヨットは死んでいた/気まぐれデイト(東芝音工/JP-1401)
  • 泣いていたのさ/夜が来て恋をして (東芝音工/JP-1440)
  • 街灯/街の灯よ消えないでくれ(東芝音工)
  • 網走0(ゼロ)番地/ネリカン・ブルース (ソノシート/SONO RECORDS SS-25)

シングル編集

  • 昭和時代のおやじ達 / 大阪ヒューマンランド〜やんか!〜(2003年4月28日)
  • 俺…(2008年11月10日)

アルバム編集

  • 人生満喫(2003年4月28日)

提供曲編集

校歌

イメージソング

出演編集

ラジオ編集

※事前収録番組で、当初は2020年内でレギュラー放送を休止した後に、2021年春からの再開を予定していた。実際には、新型コロナウイルスへの感染の防止を理由に逝去前数週分の放送への出演を見合わせていたことから、結果として生前最後のレギュラー番組になった。中村が休演してからの放送では、塩乃による進行の下で、中村と縁の深いゲストを迎えることで対応している。
※訃報が伝えられた直後の放送(2020年12月25日の最終回)では、同月16日の収録である旨を伝える藤川貴央(ラジオ大阪アナウンサー)のナレーションを、本編の前に急遽挿入。その一方で、本編では、2021年春からの放送再開を示唆する塩乃の発言がそのまま流されていた。実際には、訃報を受けて、生前に手掛けた名曲を改めて紹介する追悼番組を2020年末に急遽収録。『中村泰士のG POPヒストリー』(小池史子の進行による5回シリーズの後継番組)として、2021年1月1日から同月29日まで放送している[6]

CM編集

テレビ編集

ドラマ編集

以下は全てTBSテレビ

バラエティー編集

イベント

著作編集

単著編集

  • おじさんスピリット―一度遊びに来ませんか(1983年11月、山手書房)
  • 心人類―子供の手の届く所に置いてください。(1992年7月、はまの出版)ISBN 978-4893611406
  • いい日いちにち―キュートナーからのメッセージ(2003年12月、アスクISBN 978-4901681155
  • まがって、シャン!(2012年5月3日、遊タイム出版)ISBN 978-4860103101
  • うつを超えた39のモノローグ (2013年10月15日、ゴマブックス

共著編集

  • M2C『カラオケの科学 知って納得歌えば最高―好奇心があるなら歌はどんどんうまくなる』(1997年2月、はまの出版)ISBN 978-4893612298

脚注編集

外部リンク編集