第15回日本レコード大賞

第15回日本レコード大賞は、1973年昭和48年)12月31日帝国劇場で行われた、15回目の『日本レコード大賞』である。

第15回日本レコード大賞
Imperial Garden Theater Japan.jpg
会場として使われた帝国劇場
ジャンル 特別番組 / 音楽番組
出演者 高橋圭三
森光子
玉置宏ほか
製作
制作 TBSテレビ
放送
音声形式モノラル放送
放送国・地域日本の旗 日本
放送期間1973年12月31日
放送時間月曜19:00 - 20:55
放送枠日本レコード大賞
放送分115分
回数1
テンプレートを表示
第15回日本レコード大賞
ジャンル 特別番組 / 音楽番組
放送方式 生放送
放送期間 1973年12月31日
放送時間 月曜19:00 - 21:00
放送回数 1回
放送局 TBSラジオ
出演 高橋圭三
森光子
玉置宏ほか
テンプレートを表示

概要編集

第15回の大賞は、五木ひろしの「夜空」に決定した。五木は初の受賞であった。この年は五木の「ふるさと」が大ヒットし日本歌謡大賞第24回NHK紅白歌合戦ではこちらの方を歌ったが、五木によると歌謡大賞を沢田研二の「危険なふたり」が取ったので、レコード会社が急きょレコ大に向けて勝負曲を「夜空」に切り替えたとコメントしている。また「みんなジュリーが歌謡大賞に続いて大賞を取ると思っていたら、レコ大が大衆賞なるものを作って彼に与えたんです。それで僕に大賞が回ってきたんでしょうね。(中略)あれもこれもびっくりしたレコ大でしたね。結局はジュリーに大衆賞が行ったお陰だと思います」とも術解している[1]

この年は月曜日の開催・放送で、通常の番組スポンサーがスライドしたため[2]、19時台前半は、YKKが、19時台後半はブラザー工業グループが、20時台は松下グループ松下電器松下電工)が、それぞれ単独で提供していた。

視聴率は2.4P下落の44.1%。

今回は沢田雅美に代わって、TBSテレビ番組『ロッテ 歌のアルバム』司会の玉置宏が補佐役となったが、当番組での玉置の司会は最初で最後。

司会編集

リポーター編集

受賞作品・受賞者一覧編集

日本レコード大賞編集

最優秀歌唱賞編集

最優秀新人賞編集

歌唱賞編集

大衆賞編集

新人賞編集

作曲賞編集

編曲賞編集

作詩賞編集

特別賞編集

企画賞編集

童謡賞編集

日本レコード大賞制定15周年記念賞編集

観覧に訪れた著名人編集

最優秀歌唱賞受賞の由紀さおりに花束を贈呈
以下は大賞受賞者の五木ひろしに花束を贈呈

テレビ中継スタッフ編集

  • 主催:社団法人 日本作曲家協会、日本レコード大賞制定委員会、日本レコード大賞実行委員会
  • 構成:松原史明、田村隆
  • 音楽:服部克久
  • 編曲;長洲忠彦
  • 演奏:宮間利之とニューハード、高橋達也と東京ユニオン、新音楽協会
  • コーラス:日本合唱協会、日唱エコー、T&Kシンガーズ、日本大学合唱団
  • 指揮:長洲忠彦
  • プロデューサー:野中杉二、砂田実、井田舒也、中村寿雄
  • 技術:佐藤一郎
  • TD:田中浩
  • 映像:大野健三
  • 音声;秋吉隆伸
  • 照明:橋本英一
  • カラー調整:坂本巌
  • 音響:平田健吉
  • 美術制作:和田一郎、仲井志汎、河瀬洋男
  • 美術デザイン:三原康博、竹内誠二
  • 会場担当:平沢真
  • 制作担当:大友和夫、長橋良子、梅沢汎、斎藤正人、神保泰宏、吉岡英樹、吉田恭爾、杉山広司、平山賢一、滝本裕雄、島津剛史、山田修爾、深尾隆一、五十嵐衛、田代誠
  • 中継担当:小松敬
  • 演出:西内綱一
  • 制作著作:TBS[注釈 3]

脚注編集

[脚注の使い方]

注釈編集

  1. ^ 本放送当時、作詞者をたかたかしと誤記したため、番組の最後に「番組中『ちぎれた愛』の作詞者を誤って放送されました。作詞者は安井かずみです。訂正してお詫びします」のテロップを挿入していた。このため、後年のTBSチャンネルの再放送では、テロップの差し替えで対応した。
  2. ^ この年の大賞はちあきなおみの『喝采』。
  3. ^ この当時は「製作著作」ではなく、「制作著作」を使用していた。

出典編集

  1. ^ 【あの時・日本レコード大賞<6>】五木ひろし、勝負曲「夜空」に急きょ変更 - スポーツ報知 2019年12月21日
  2. ^ 19時台前半:『YKKアワー キックボクシング中継』、19時台後半:『ブラザー劇場』、20時台:『ナショナル劇場』。

関連項目編集

外部リンク編集