メインメニューを開く

わたらせ渓谷鐵道WKT-510形気動車(わたらせけいこくてつどうWKT-510がたきどうしゃ)は、2013年平成25年)、2016年(平成28年)に各1両が製造されたわたらせ渓谷鐵道気動車である[1][2]。わたらせ渓谷鐵道開業時から使用されていたわ89-101の代替を目的として製造された[4]。4月から11月の間はWKT-550形と連結してトロッコ列車に運用される[4]

わたらせ渓谷鐵道WKT-510形気動車
Watarase Keikoku Tetsudo WKT-type510 Diesel car.jpg
基本情報
運用者 わたらせ渓谷鐵道
製造所 新潟トランシス[1]
製造初年 2013年[1]
製造数 2両[2]
運用開始 2013年4月6日[3]
主要諸元
軌間 1,067[4] mm
最高運転速度 95[5] km/h
車両定員 118名
(座席52名)[5]
自重 32.2 t[5]
全長 18,500[4] mm
車体長 18,000[4] mm
全幅 3,190[4] mm
車体幅 2,800[4] mm
全高 4,038.2[4] mm
車体高 3,660[4] mm
床面高さ 1,150 mm[4]
車体 普通鋼
台車 ボルスタレス空気ばね式
NF01KD/NF01KT[6][5]
車輪径 860 mm[4]
固定軸距 2,100 mm[4]
台車中心間距離 13,000 mm[4]
機関 新潟原動機DMF13HZディーゼルエンジン[4][5]
機関出力 243 kW(330 PS) / 2,000 rpm[5]
変速機 液体式(TACN33-1606)[5]
変速段 変速1段、直結3段[6]
制動装置 機関排気ブレーキ併用電気指令式空気ブレーキ[5]
保安装置 ATS-P, SN[6]
テンプレートを表示

目次

概要編集

1989年(平成元年)3月にJR足尾線第三セクターに転換して開業したわたらせ渓谷鐵道が開業に際して投入したわ89-101の老朽化に伴う代替用として製造された両運転台、トイレなし、セミクロスシート新潟トランシス製気動車である[7][4]。2013年(平成25年)に1両が製造された[7]WKT-500形と同様の車体、走行装置をもつが、車内がロングシートからセミクロスシートとなり、WKT-511は外部塗装がWKT-550形にあわせたものに変更されている[8]

車体編集

新潟トランシス製の地方交通線用気動車NDCをベースとしたWKT-500形[9]とほぼ同様の車体をもつ[8]。乗務員室は左隅式で、正面に貫通扉が設けられた[4]。ワンマン運転対応設備が設けられ、客用扉は運転室直後に1か所、反対側の小窓1枚を挟んだ車端にもう1か所、乗務員扉は運転席側にのみ設けられた[4]。扉間には1,280 mm幅の窓6組が設置され、両車端の2箇所は2段式で下段上昇、それ以外は固定式、戸袋部に窓はない[4]。窓はスモーク入りとなり、フリーストップ式のカーテンが設けられた[4]。外部塗装は連結して運転されるWKT-550形と調和がとれたものとされ[4]、従来車と同じ紅銅(べにあかがね)色をベースとし、窓周りが虹をイメージした赤とオレンジに、窓下には金色の帯がまかれたものとなった[10]。WKT-550形とはオレンジと赤の配置が逆転している[11]

車内は、セミクロスシートとなり、車内中央部に4人掛ボックスシート8組が設けられた[4]。床には滑り止めが施工された[6]間藤寄運転室右側に車椅子スペースが設けられるなど、バリアフリーに対応した設計となっており、ワンマン運転対応機器も設置されている[4][6]

運転台は2ハンドル式で、表示設定はタッチパネルで設定する[12]。力行指令は変速機制御装置で変換され、液体変速機およびエンジンに伝達される[12][13]

走行装置編集

エンジンは、新潟原動機DMF13HZディーゼルエンジン(定格出力243 kW / 2,000 rpm)を1基搭載[5]、動力は変速1速、直結3速のTACN33-1606液体変速機を介して台車に伝達される[4][6]。前位側台車は2軸駆動の動台車NF01KD、後位側は従台車NF01KDで、いずれもボルスタレス空気ばね式である[6]。落ち葉による空転対策のため、砂まき装置を備えている[13]制動装置機関排気ブレーキ併用の電気指令式空気ブレーキが採用され、従来車との併結はできない[14]

空調装置編集

暖房装置はエンジン排熱を利用した温風式である。冷房装置はデンソー製機関直結式の能力18 kW(15,500 kcal/h)AU26 2基が搭載された[6][5]

車歴編集

WKT-510形車歴
車両番号 製造 愛称 絵柄 廃車
511 2013年3月[1] あかがね うさぎ -
512 2016年11月[2] たかつど きじ -

運用編集

4月から11月はWKT-550形と連結してトロッコ列車「トロッコわっしー号」に使用される[4][6]。状況により、WKT-510形単独や、WKT-500形と連結して運用されることもある[6]2014年(平成26年)5月22日には、WKT-551 - WKT-511- WKT-501の3両編成でお召し列車として運転された[15]

出典編集

参考文献編集

雑誌記事編集

  • 鉄道ピクトリアル』通巻855号「鉄道車両年鑑2011年版」(2011年10月・電気車研究会
    • 岸上 明彦「2010年度民鉄車両動向」 pp. 123-154
    • わたらせ渓谷鐵道(株)技術部・運転課 中野 哲「わたらせ渓谷鐵道 WKT-500形」 pp. 156
  • 『鉄道ピクトリアル』通巻868号「鉄道車両年鑑2012年版」(2012年10月・電気車研究会)
    • わたらせ渓谷鐵道(株)技術部・運転課 中野 哲「わたらせ渓谷鐵道 WKT-550形」 pp. 127-129
  • 『鉄道ピクトリアル』通巻881号「鉄道車両年鑑2013年版」(2013年10月・電気車研究会)
    • 「2012年度のNew Face」 pp. 8-20
    • 岸上 明彦「2012年度民鉄車両動向」 pp. 100-133
    • わたらせ渓谷鐵道(株)技術部・運転課 中野 哲「わたらせ渓谷鐵道 WKT-510形」 pp. 140-141
    • 「民鉄車両諸元表」 pp. 194-195
    • 「各社別新造・改造・廃車一覧」 pp. 217-228
  • 『私鉄車両編成表 2017』(2017年7月・交通新聞社
    • 「わたらせ渓谷鐵道」 pp. 15

Web資料編集