アイリーン・ダン

アイリーン・ダンIrene Dunne1898年12月20日 - 1990年9月4日)は、アメリカ合衆国女優。本名:アイリーン・マリー・ダン(Irene Marie Dunn)。ケンタッキー州ルイビル出身。

アイリーン・ダン
Irene Dunne
アイリーン・ダン Irene Dunne
本名 Irene Marie Dunn
生年月日 (1898-12-20) 1898年12月20日
没年月日 (1990-09-04) 1990年9月4日(91歳没)
出生地 ケンタッキー州ルイビル
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
職業 女優
ジャンル 映画
活動期間 1930年 - 1952年
配偶者 フランシス・デニス・グリフィン(1928-1965)[1]
主な作品
『シマロン』
『新婚道中記』
『邂逅』
アンナとシャム王
『ママの想い出』
テンプレートを表示

略歴編集

シカゴ・ミュージカル・カレッジに学ぶ。歌手として地方公演の舞台を踏んだ後に、1923年ニューヨークへ行く。1929年「ショウ・ボート」のヒロインを演じる。それで認められてRKOと契約し、1930年『女護ヶ島上陸(Leathernecking)』で映画デビュー[2]。歌唱力を生かしたミュージカルからスクリューボール・コメディ、シリアスドラマに至るまで幅の広い演技を見せて活躍した。1931年の『シマロン』以降、アカデミー主演女優賞に5度ノミネートされるも受賞はならなかった。

1952年に映画界からは引退し、その後はテレビで活躍する。政治にも関心をもち、1957年の国連総会では共和党からアメリカ代表代理に選出されている[3]

1990年9月4日、ロサンゼルスの自宅で死去。

主な出演作品編集

脚注編集

  1. ^ Irene Dunne(英語版)では1927年結婚となっている。
  2. ^ 猪俣勝人・田山力哉『世界映画俳優全史 女優編』(社会思想社 教養文庫、1977年、p.242)
  3. ^ 猪俣勝人・田山力哉『世界映画俳優全史 女優編』(社会思想社 教養文庫、1977年、pp.242-243)
  4. ^ 【書評】古本屋を営む作家ならではの年季の入ったエッセイ本 - ライブドアニュース

外部リンク編集