アウェイクニング (映画)

アウェイクニング』(原題:The Awakening)は、2011年制作のイギリスホラー映画

アウェイクニング
The Awakening
監督 ニック・マーフィ
脚本 ニック・マーフィ
スティーヴン・ヴォーク
製作 デヴィッド・M・トンプソン
サラ・カーティス
ジュリア・スタナード
出演者 レベッカ・ホール
ドミニク・ウェスト
音楽 ダニエル・ペンバートン
撮影 エドゥアルド・グラウ
編集 ヴィクトリア・ボイデル
製作会社 スタジオカナルUK
BBCフィルムズ
配給 イギリスの旗 スタジオカナルUK
日本の旗 熱帯美術館
公開 イギリスの旗 2011年11月11日
日本の旗 2012年7月28日
上映時間 107分
製作国 イギリスの旗 イギリス
言語 英語
製作費 £3,000,000[1]
興行収入 イギリスの旗 $1,042,550[2]
テンプレートを表示

あらすじ編集

1921年第一次世界大戦後のイギリス。戦争で家族と死別した多くの人々は降霊に救いを求めていた。そんな中、フローレンス・キャスカートは自らも婚約者を戦争で亡くしたのだが、超常現象には懐疑的で、系統的かつ理論的に超自然現象を反証することに没頭していた。

ある日、彼女のもとにルークウッド寄宿学校から調査依頼が舞い込む。度々校内で少年の幽霊が目撃されているというのだ。フローレンスは学校に向かい、調査を開始する。ほどなくして、それは男子生徒のいたずらだと判明するが、フローレンスが学校を去ろうとした時、理屈では到底説明できない出来事が発生する。

フローレンスは教師のロバート・マロリー、依頼主である寮母のモード、両親が忙しくて帰省できなかった少年トムと共にクリスマス休暇で生徒たちが帰省した学校に残り、徹底的に調査することを決意する。

フローレンスは連日ぼんやりと見える少年の亡霊に向き合ううちに、自らの心の内に眠っていたある記憶に辿りつく。

キャスト編集

脚注編集

外部リンク編集