アウグスト・ウィルヘルミ

アウグスト・ヴィルヘルミ[1](August Wilhelmj [vɪlˈhɛlmi][2], 1845年9月21日 ウージンゲン - 1908年1月22日 ロンドン)は、ドイツヴァイオリニスト

アウグスト・ヴィルヘルミ
August Wilhelmj
August Wilhelmj.jpg
基本情報
生誕 1845年9月21日
ヘッセン大公国ウージンゲン
出身地 ヘッセン大公国
死没 (1908-01-22) 1908年1月22日(62歳没)
イギリスの旗 イギリス、ロンドン
職業 ヴァイオリニスト

経歴編集

1845年、ウージンゲン生まれ。幼少のころから神童として知られていた。1852年にヘンリエッテ・ゾンタークが7歳の彼の演奏を聴き、「ドイツのパガニーニになるだろう」と言ったという。1861年にフランツ・リストが彼のことを耳にし、フェルディナンド・ダヴィッドに「未来のパガニーニを紹介させてください!」という手紙を添えてヴィルヘルミを彼の下に送った。ダヴィッドに師事してヴァイオリンを学ぶほかに、モーリッツ・ハウプトマンから音楽理論作曲ヨアヒム・ラフからも作曲を学んだ。

J.S.バッハ作曲の管弦楽組曲第3番ニ長調 BWV1068の第2楽章「アリア(エール)」をヴァイオリンピアノのために編曲したことで有名である(この作品は「G線上のアリア」というタイトルで親しまれている)。

弟子の中にアメリカのヴァイオリニスト、ナハン・フランコがいる。

脚注編集

  1. ^ 姓は「ウィルヘルミ」、名は「オーギュスト」とも日本語表記したものもある。
  2. ^ Duden Aussprachewörterbuch (Duden Band 6), Auflage 6, ISBN 978-3-411-04066-7