メインメニューを開く

アウター・ロンドン (英語: Outer London) は、インナー・ロンドンの周りを取り囲むように、輪状に構成されるロンドン自治区のグループに付けられた名称である。1965年にグレーター・ロンドンが設置される以前はカウンティ・オブ・ロンドン英語版に含まれていなかった地域がほとんどであり、唯一の例外はノース・ウーリッジで、カウンティ・オブ・ロンドンに含まれていたが、1965年にニューアム区に編入された。

アウター・ロンドン
法定上の定義
法定上の定義
統計上の定義
統計上の定義
イギリス
カントリー イングランド
リージョン ロンドン
行政地域 グレーター・ロンドン
面積
 • 合計 1,253km2 (484mi2)
人口
(2011)
 • 合計 4,942,040人
 • 密度 3,900/km2 (10,000/mi2)
NUTS UKI2

1963年ロンドン政府法による定義編集

英国国家統計局による定義編集

英国国家統計局センサスでは、上記の定義とは異なる定義をしている。この定義では、ニューアム区ハーリンゲイ区が除外され(インナー・ロンドンに含める)、代わりにグリニッジ区をアウター・ロンドンに加えている。[1]

出典編集

  1. ^ Outer London through time: Administrative History (post 1974)”. A vision of Britain through time. Great Britain Historical GIS. 2012年2月13日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2009年11月20日閲覧。