アウレリオ・サッフィ

マルコ・アウレリオ・サッフィ(イタリア語: Marco Aurelio Saffi1819年10月13日 - 1890年4月10日)は、イタリアイタリア統一運動時代の政治家革命家愛国者ジュゼッペ・マッツィーニカルロ・アルメッリーニと並ぶ、1849年に樹立されたローマ共和国の三頭執政官である。

アウレリオ・サッフィ
Aurelio Saffi
Saffi.jpg

Flag of the Roman Republic (19th century).svg ローマ共和国
三頭執政官(Triumviro)
任期 1849年3月29日1849年7月1日

出生 1819年10月13日
Flag of the Papal States (1825-1870).svg 教皇領フォルリ
死去 (1890-04-10) 1890年4月10日(70歳没)
イタリア王国の旗 イタリア王国フォルリ
政党 イタリア行動党イタリア語版英語版
出身校 フェラーラ大学イタリア語版英語版

生涯編集

アウレリオ・サッフィは当時教皇領(現在はエミリア・ロマーニャ州)であったフォルリに生まれる。フェラーラ大学イタリア語版英語版にて法学を学ぶと、故郷フォルリに戻って政治家としての活動を開始し、1844年から1845年にかけてはフォルリの市議会議員兼書記官を務めた[1]

その後、アウレリオ・サッフィはイタリア行動党イタリア語版英語版への参画などを通じてジュゼッペ・マッツィーニに接近。彼の思想に触発され、1849年にはローマ共和国の樹立に参加する。ローマ共和国では当初は内務大臣、のちにジュゼッペ・マッツィーニカルロ・アルメッリーニと並ぶ三頭執政官へ就任し、政治的指導力を発揮する[2]。しかしナポレオン3世率いるフランス軍の猛攻を受け、ローマ共和国は1849年7月に事実上崩壊。1850年には逃亡していた教皇ピウス9世ローマへと戻り、ローマ共和国は極めて短命な国家に終わる。アウレリオ・サッフィはリグーリア州チヴェッツァに逃れ、その後スイスへと渡ってジュゼッペ・マッツィーニと合流し、ロンドンへと亡命する。亡命先ロンドンマッツィーニはイタリアでの蜂起を指導する「イタリア民族委員会」を設立しているが、その「宣言文」にはサッフィも署名をした[3]。また1859年、サルデーニャ王国の対オーストリア帝国戦争を受けてマッツィーニは「イタリア人に次ぐ」という声明を発表しているが、これにもサッフィを含む100名近い共和主義者が名を連ねている[4]

亡命後、1852年には一度帰国を企てるも欠席裁判で懲役20年の判決を受けた後、再びイギリスに亡命した。1857年にはロンドンで結婚し、それ以降は1858年にジュゼッペ・アッティリオ、1861年にはジョバン・ニエミリオ、1863年にはカルロ・バリラ・ルイージ、1868年にはリナルド・アルトゥーロといういずれも男の子を儲けている[1]

イタリア統一がほぼ完成された1860年にはナポリへ戻り、思想に大きな影響を受けたジュゼッペ・マッツィーニと再会している。その後は、ロンドンナポリジェノバでの短い居住期間がありつつも1867年には故郷フォルリの郊外に居住し、1874年にはリミニで反君主的な反乱の罪で逮捕されるも無罪判決を受けている。なお、フォルリではジュゼッペ・マッツィーニの思想を広める政治団体「ジュペッゼ・マッツィーニ会イタリア語版」を立ち上げた[1]

1877年にはボローニャに移住。ボローニャ大学法学とりわけ公法教授となり、また『マッツィーニ伝』を執筆して彼の思想の記録を残した[5]1890年には故郷フォルリで死去した[1]

ギャラリー編集

脚注編集

  1. ^ a b c d SAFFI, Marco Aurelioイタリア人名辞典 (イタリア語)
  2. ^ 藤澤房俊『マッツィーニの思想と行動』太陽出版・2011年5月10日 P253
  3. ^ 藤澤房俊『マッツィーニの思想と行動』太陽出版・2011年5月10日 P276
  4. ^ 藤澤房俊『マッツィーニの思想と行動』太陽出版・2011年5月10日 P313
  5. ^ 藤澤房俊『マッツィーニの思想と行動』太陽出版・2011年5月10日 P17

関連項目編集