メインメニューを開く

地理編集

アフリカ大陸西側の沖合に存在するグラン・カナリア島の北西部にあり、州都ラス・パルマスから約30kmの距離にある。中央ヨーロッパ時間(UTC+1)を採用しているスペイン本土とは異なり、カナリア諸島は西ヨーロッパ時間(UTC+0)を採用している。アガエテの面積は45.5km2、2013年の人口は5,796人であり、人口密度は124.31人/km2である。

神の指編集

歴史的には農業や漁業が経済の中心だったが、この数十年は観光業がもっとも重要な分野である。アガエテの海岸には、玄武岩でできた「神の指」(El dedo de dios)と呼ばれる海食柱がある。その名の通り、この海食柱の上部にかつては指に喩えられる細長い岩が存在しており、この町が「神の指」を眺める絶好の場所とされていて、観光客もよくこの岩を眺めていた。しかし、2005年11月に襲来した熱帯低気圧による嵐によって、指が破損してしまった。その後アガエテの町は、この岩の調査を専門家に依頼した。そして、2006年に岩の再建や保存に関するアドバイスを受けた。

集落編集

アガエテの自治体域には以下の集落があり、2013年の人口は以下のとおりである。[2]

  • アガエテ : 3,739人
  • バリェ・デ・アガエテ : 1,060人
  • プエルト・デ・ラス・ニエベス : 687人
  • エル・リスコ : 216人
  • ロス・リャノス : 61人
  • エル・オルニーリョ : 18人
  • グアジェドラ : 9人
  • エル・サオ : 6人

人口編集

アガエテの人口推移 1842-2011
 
出典:INE(スペイン国立統計局)1900年 - 1991年[3]、1996年 - [4]

見どころ編集

  • フエルテ邸
  • アガエテ旧市街の歴史的・芸術的町並み
  • ベルビケ洞窟
  • ラス・ニエベス修道院
  • サン・セバスティアン・デ・アガエテ修道院
  • カナリオの背=リスコ海岸
  • マイペス・デ・アリバ
  • グアイェドラ谷
  • ラ・パルミタ考古学ゾーン
  • ラス・フローレス果樹園

姉妹都市編集

脚注編集

外部リンク編集