アグネス・ツー・ゾルムス=ラウバッハ

アグネス・ツー・ゾルムス=ラウバッハAgnes zu Solms-Laubach, 1578年1月7日 - 1602年11月7日)は、ドイツヘッセン=カッセル方伯モーリッツの最初の妻。末妹のゾフィーブランデンブルク=アンスバッハ辺境伯ヨアヒム・エルンストの妻、別の妹ジビュレ(1590年 - 1659年)はアンハルト=プレッツカウ侯アウグストの妻である。

アグネス・ツー・ゾルムス=ラウバッハ
Agnes zu Solms-Laubach
Agnes of Solms-Laubach.jpg

出生 (1578-01-07) 1578年1月7日
神聖ローマ帝国の旗 神聖ローマ帝国
ゾルムス=ラウバッハ伯領、ラウバッハ
死去 (1602-11-07) 1602年11月7日(24歳没)
神聖ローマ帝国の旗 神聖ローマ帝国
ゾルムス=ラウバッハ伯領、ラウバッハ
配偶者 ヘッセン=カッセル方伯モーリッツ
子女 オットー
エリーザベト
モーリッツ
ヴィルヘルム5世
家名 ゾルムス家
父親 ゾルムス=ラウバッハ伯ヨハン・ゲオルク
母親 マルガレーテ・フォン・シェーンブルク=グラウハウ
テンプレートを表示

生涯編集

ゾルムス=ラウバッハ伯ヨハン・ゲオルク(1547年 - 1600年)とその妻のマルガレーテ・フォン・シェーンブルク=グラウハウ(1554年 - 1606年)の間の第5子、長女として生まれた。1593年9月23日にカッセルにおいて、15歳でモーリッツと結婚した。2人は1589年に執り行われたモーリッツの長姉アンナ・マリアとナッサウ=ヴァイルブルク伯ルートヴィヒ2世に出席した際、知り合っていた。夫妻の結婚式は非常に豪華なもので、多数の王侯貴族が出席した。この結婚は表向きはドイツ中西部のカルヴァン派の諸伯家同士の結びつきを強めるための政略結婚だったが、実際はモーリッツとアグネスの恋愛結婚であった。

アグネスは非常に才能豊かで、美しく性格の良い方伯夫人だったと言われる。アグネスは1602年に末息子ヴィルヘルムを出産した際、24歳で急死した。モーリッツはフランスアンリ4世に宛てた手紙の中で妻を失った深い悲しみを伝えているが、翌1603年にユリアーネ・フォン・ナッサウ=ディレンブルクを後妻に迎えた。

子女編集

参考文献編集