メインメニューを開く

アジアハイウェイ11号線(アジアハイウェイ11ごうせん)は、アジアハイウェイ網の路線の一つ。アジアハイウェイ東南アジア小地域(サブリージョン)の路線の一つ。ラオスカンボジアの二か国を経由する。総延長は1,593kmである。

アジアハイウェイ
Tabliczka AH11.svg
AH-11
アジアハイウェイ11号線
地図
Asian Highways.png
路線延長 1,593km
起点 ラオスの旗ラオス ヴィエンチャンAH12と接続)
主な経由国 ラオスの旗 ラオス
カンボジアの旗 カンボジア
終点 カンボジアの旗カンボジア シアヌークビル
テンプレート(ノート 使い方) PJ道路

ラオスの首都ヴィエンチャンを起点とし南に向かう。ヴィエンチャンはアジアハイウェイ12号線の通過点であり、メコン川中流の河岸にある。ラオスの区間はメコン川の流路と並行な経路をとる。途中ビエンカム英語版からターケークまでの区間はアジアハイウェイ15号線との重複区間であり、セノ英語版ではアジアハイウェイ16号線と交差する。ヴゥーンカム=ストゥントレン国境検問所からカンボジアに入る。

カンボジアに入りストゥントレンからクラチエまでの区間はメコン川と並行し南に向かう。クラチエから南はメコン川を大きく離れて迂回しカンボジア東部の町のスヌオル英語版メモット英語版を経由する。以降、再びメコン川に近づきカンボジアの首都プノンペンを経由し、港湾都市シアヌークビルを終点とする。

当ハイウェイのルートの一部区間は大メコン圏経済回廊英語版のルートの一部となっている。セノからシアヌークビルまでの区間は大メコン圏南部経済回廊の一部となっている。ヴィエンチャンからビエンカムまでの区間は将来大メコン圏南北経済回廊のルートの一部となるよう関係国間で調整中である。

ルート編集

ラオス編集

区間延長823km[1]

カンボジア編集

区間延長770km[2]

脚注編集

  1. ^ Asian Highway Database (Lao People's Democratic Republic)”. 国連アジア太平洋経済社会委員会 (2010年). 2018年3月5日閲覧。
  2. ^ Asian Highway Database (Cambodia)”. 国連アジア太平洋経済社会委員会 (2017年). 2018年3月6日閲覧。

参考資料編集

関連項目編集