この名前は、スペイン語圏の人名慣習に従っています。第一姓(父方の)はマルティネス第二姓(母方の)はルイスです。

アソリンスペイン語:Azorín、本名:José Augusto Trinidad Martínez Ruiz1873年6月8日 - 1967年3月2日)は、スペインアリカンテ県モノベル英語版出身の小説家文芸評論家。「98年世代」のひとり。

ラモン・カザスによって描かれたアソリン

1888年から1896年にかけ、マドリードバレンシアの大学で法律アナキズムを学んだ。フランスの哲学者であるミシェル・ド・モンテーニュの文献に心を惹かれ、小説家になることを決意する。

独自の簡潔な文体でひなびた感覚のエッセイで地位を確立した。また、文芸評論家としてスペインの古典作家を再評価し、文学の革新運動に力を尽くした。

1967年3月2日にマドリードで亡くなった。

参考文献編集