アソル・フガード

アソル・フガード(Athol Fugard, 1932年 - )は、南アフリカ共和国劇作家俳優小説家でもある。

ミドルバーグ生まれ。父はイギリス人、母はアフリカーナー。大学では哲学社会人類学を専攻。白人でありながら反アパルトヘイト運動に関わり、政府からパスポートを没収された。『ガンジー』や『キリングフィールド』に俳優として出演。唯一の小説『ツォツィ』が2005年に映画化されて、第78回アカデミー外国語映画賞を受賞した[1]

2014年高松宮殿下記念世界文化賞(演劇映像部門)を受賞。

妻のシーラ・フガードは小説家である。

作品編集

戯曲編集

  • 『血の絆』
  • 『谷間の歌』
  • 『ハロー・アンド・グッドバイ』

小説編集

  • 『ツォツィ』

出典編集

  1. ^ 青山出版『ツォツィ』著者プロフィール