アダルベロ (シュタイアーマルク辺境伯)

アダルベロ(ドイツ語:Adalbero, ? - 1082年)は、シュタイアーマルク辺境伯(在位:1075年 - 1082年)。

アダルベロ
Adalbero
シュタイアーマルク辺境伯
在位 1075年 - 1082年

死去 1082年
家名 オタカール家(トラウンガウ家)
父親 シュタイアーマルク辺境伯オットカール1世
母親 ヴィリビルク・フォン・エッペンシュタイン
テンプレートを表示

生涯編集

アダルベロはシュタイアーマルク辺境伯オットカール1世ケルンテン公アダルベロの娘ヴィリビルクの間の長男である。

アダルベロは父と同様に、叙任権闘争においてハインリヒ4世を支持し、教皇派の弟オットカール2世と争った。アダルベロは破門され、弟を勘当し、伯位を保持したが、1082年にエンスタールで殺害された。別の文献によると、アダルベロは1086年以降にレオーベン近郊で自身の召使に殺害されたという。

参考文献編集

  • Heinz Dopsch, Karl Brunner, Maximilian Weltin: 1122–1278. Die Länder und das Reich. Der Ostalpenraum im Hochmittelalter (= Herwig Wolfram (ed.): Österreichische Geschichte). Ueberreuter, Wien 2003, ISBN 3-8000-3973-7.
  • Karl Brunner: 907–1156. Herzogtümer und Marken. Vom Ungarnsturm bis ins 12. Jahrhundert (= Herwig Wolfram (ed.): Österreichische Geschichte.). Ueberreuter, Wien 1994, ISBN 3-8000-3521-9.
  • Hans Pirchegger: Geschichte der Steiermark. Band 1: Bis 1283. (= Allgemeine Staatengeschichte. Abt. 3: Deutsche Landesgeschichten. Werk 12, 1). Pertes, Gotha 1920.
先代:
オットカール1世
シュタイアーマルク辺境伯
1075年 - 1082年
次代:
オットカール2世