メインメニューを開く

アチェ津波博物館(アチェつなみはくぶつかん、インドネシア語: Museum Tsunami Aceh)は、インドネシアスマトラ島北部アチェ州バンダ・アチェにある博物館である。甚大な津波被害をもたらしたスマトラ島沖地震 (2004年)を記念して2009年に開館した[1]

Japanese Map symbol (Museum) w.svg アチェ津波博物館
アチェ津波博物館、2010年
施設情報
正式名称 Museum Tsunami Aceh
開館 2009年
所在地  インドネシアアチェ州バンダ・アチェ
位置 北緯5度32分51.8秒 東経95度18分54.3秒 / 北緯5.547722度 東経95.315083度 / 5.547722; 95.315083座標: 北緯5度32分51.8秒 東経95度18分54.3秒 / 北緯5.547722度 東経95.315083度 / 5.547722; 95.315083
外部リンク http://museumtsunami.blogspot.jp/
プロジェクト:GLAM
テンプレートを表示

建物は4階建てで、1階から回廊を上がって津波襲来を追体験できるようなつくりになっており、また避難所としても利用できる[2]

2016年1月16日和歌山県広川町防災教育施設稲むらの火の館と協力協定を結んだ[3]

関連項目編集

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ Tsunami museum opens in Indonesia”. BBCニュース (2009年2月23日). 2016年3月9日閲覧。
  2. ^ 【じゃらんじゃらん特集】「世界にありがとう」 津波刻む記念碑 アチェ州バンダアチェ”. じゃかるた新聞 (2014年12月26日). 2016年3月9日閲覧。
  3. ^ 稲むらの火の館 アチェ津波博物館が協力協定”. 毎日新聞 (2016年1月16日). 2016年3月9日閲覧。