アチャン・ニャーナラトー

アチャン・ニャーナラトー(Ajahn Nyanarato, 1958年 - )は、奈良県出身のテーラワーダ仏教僧侶[1]イギリスのアマラワティ僧院副僧院長[1]

アチャン・ニャーナラトー
1958年 -
生地 日本の旗 日本奈良県
宗旨 テーラワーダ
寺院 アマラワティ僧院
テンプレートを表示

経歴編集

京都大学医学部を卒業し医師の資格を取得した後、インドネパールバングラデシュを約1年かけて旅し、1986年にタイのナナチャット森林僧院でサーマネラ(沙弥出家、翌年に具足戒を受けて比丘出家した[1]。日本人先輩僧のアチャン・光男・カウェーサコーの下で修行[1]。1990年から10年間は、カウェーサコーがタイに設立したワット・スナンタワナラームにて修行[1]

2001年から、イギリスにあるテーラワーダ仏教のアマラワティ僧院での修行生活に入る[1]

2016年、NHKラジオ第2放送宗教の時間」に出演[2]

脚注編集

注釈編集

出典編集

  1. ^ a b c d e f 「イギリス アマラワティ僧院副僧院長 インタビュー アチャン・ニャーナラトー」『サンガジャパン Vol.20』、サンガ、2015年5月 ISBN 978-4-86564-015-1 pp.172-173およびpp.200-203
  2. ^ 宗教の時間「心の軌跡 イギリスの日本人比丘に聞く」 - NHK

関連項目編集

外部リンク編集