メインメニューを開く

アッカラ・サーミ語(アッカラ・サーミご、Akkala Sami) はサーミ諸語の一言語である。ロシアコラ半島で話されていたが、2003年12月29日に消滅した[3][4]。 しかしアッカラ・サーミ語を知る70歳以上の人が2人いる[5]

アッカラ・サーミ語
話される国 コラ半島南西部(ロシア
消滅時期 2003年12月29日[1]
言語系統
表記体系 キリル文字
言語コード
ISO 639-1 なし
ISO 639-3 sia
Glottolog akka1237[2]
消滅危険度評価
Extinct (UNESCO)
Status-unesco-extinct.svg
テンプレートを表示

脚注編集

  1. ^ Akkala Sami at Ethnologue (18th ed., 2015)
  2. ^ Hammarström, Harald; Forkel, Robert; Haspelmath, Martin et al., eds (2016). “Akkala Sami”. Glottolog 2.7. Jena: Max Planck Institute for the Science of Human History. http://glottolog.org/resource/languoid/id/akka1237. 
  3. ^ http://www.galdu.org/govat/doc/nordisk_samekonvensjon.pdf
  4. ^ Rantala, Leif, Aleftina Sergina 2009. Áhkkila sápmelaččat. Oanehis muitalus sámejoavkku birra, man maŋimuš sámegielalaš olmmoš jámii 29.12.2003. Roavvenjárga.
  5. ^ Scheller, Elisabeth 2011. The Sami Language Situation in Russia. In: "Ethnic and Linguistic Context of Identity: Finno-Ugric Minorities." Uralica Helsingiensia 5. Helsinki. 79–96.