メインメニューを開く

アッキネーニ・ナーガールジュナ

アッキネーニ・ナーガールジュナ(Akkineni Nagarjuna、1959年8月29日[1] - )は、インドテルグ語映画ヒンディー語映画で活動する俳優映画プロデューサー、テレビ番組司会者、実業家ナンディ賞フィルムフェア賞ナショナル・フィルム・アワードなど数多くの映画賞を受賞しており、1996年に製作した『Ninne Pelladata』ではナショナル・フィルム・アワード 最優秀テルグ語長編映画賞英語版を受賞した。実業家としてアンナプルナ・スタジオ英語版アンナプルナ国際映画メディア学校英語版を経営している[2][3][4]

アッキネーニ・ナーガールジュナ
Akkineni Nagarjuna
Akkineni Nagarjuna
第62回フィルムフェア賞 南インド映画部門英語版授賞式に出席するナーガールジュナ(2015年)
生年月日 (1959-08-29) 1959年8月29日(60歳)
出生地 インドの旗 インド マドラス州英語版マドラス
職業 俳優映画プロデューサー実業家
活動期間 1986年 -
配偶者 ラクシュミー・ダッグバーティ(1984年-1990年)
アマラ・アッキネーニ(1992年-)
著名な家族 ダッグバーティ=アッキネーニ家英語版参照
テンプレートを表示

生い立ち編集

1959年にテルグ語映画のスター俳優アッキネーニ・ナゲシュワラ・ラオの息子としてチェンナイに生まれる[5]。アッキネーニ一家はハイデラバードに移住し、ナーガールジュナはハイデラバード公立学校英語版リトルフラワー・ジュニア・カレッジ英語版を卒業した。その後はアンナ大学英語版の首席構成校グインディ工科大学英語版に1年間在籍してエンジニアの学士号を取得した[6]。また、東ミシガン大学に留学して機械工学の学士号を取得している[7][8]

1984年にテルグ語映画界の重鎮ダッグバーティ・ラーマナイドゥの娘ラクシュミー・ダッグバーティと結婚して息子ナーガ・チャイタニヤ英語版をもうける。1990年にラクシュミーと離婚し、アマラ・ムケルジーと再婚して息子アキル・アッキネーニ英語版をもうけた。

キャリア編集

ナーガールジュナ夫妻とナーガ・チャイタニヤ
ティーチAIDS2010のイベントに出席するナーガールジュナ、アヌシュカ・シェッティスワティ・レッディ英語版
ナーガールジュナとナレンドラ・モディ

1961年に『Velugu Needalu』に幼児として出演し、1968年には『Sudigundalu』に子役として出演した。両作は共にアードゥルティ・スッバ・ラオ英語版が監督、父ナゲシュワラ・ラオが主演を務めている。1986年にV・マドゥスーダン・ラオ英語版の『Vikram』で主演俳優デビューした。同作はヒンディー語映画『Hero』のリメイクであり、興行的な成功を収めた。続いてダサリ・ナーラーヤナ・ラオ英語版の『Majnu』に出演し、ナーガールジュナは悲観に暮れる男性役を演じて高い評価を得た。1987年にギータ・クリシュナ英語版の『Sankeertana』に出演し、同作は物語とイライヤラージャ英語版の音楽が高く評価された。

1988年にK・ラガヴェンドラ・ラオ英語版ブロックバスター映画Aakhari Poratam』に出演してシュリデヴィスハーシニ・マニラトナム英語版と共演した。同年に『Janaki Ramudu』でヴィジャヤシャンティ英語版と共演しており、興行的な成功を収めた。1989年にマニ・ラトナム英語版の『Geethanjali』に出演し、同作はナショナル・フィルム・アワード 健全な娯楽を提供する最優秀大衆映画賞英語版を受賞した。同年にはラーム・ゴーパール・ヴァルマ英語版の監督デビュー作『Siva』に出演した。同作の成功により、主演を務めたナーガールジュナはテルグ語映画のスター俳優の地位を確立した。1990年には同作をリメイクした『Shiva』にも出演し、ヒンディー語映画デビューを果たした。1991年には『Jaitra Yatra』に出演し、批評家から演技を 高く評価された。その後は『Prema Yuddham』『Iddaru Iddare』に出演するが興行的に恵まれず、1991年に出演したプリヤダルシャン英語版の『Nirnayam』で再びヒットを記録した。

その後、ナーガールジュナはファジル英語版の『Killer』、クランティ・クマール英語版の『Neti Siddhartha』などのヒット作に続けて出演した。彼は様々な役を実験的に演じることから「セルロイドの科学者」と呼ばれている[9]。この時期の代表作には『President Gari Pellam』『Varasudu』『Gharana Bullodu』『Allari Alludu』などがある。1995年にマヘーシュ・バット英語版のヒンディー語・テルグ語で製作された『Criminal』に出演した。E・V・V・サティヤナーラーヤナ英語版の『Hello Brother』に出演し、同作は1997年に『踊るツインズ』としてヒンディー語映画にリメイクされた。1996年にクリシュナ・ヴァムシ英語版の『Ninne Pelladata』でプロデューサーを務め、ナショナル・フィルム・アワード 最優秀テルグ語長編映画賞英語版ナショナル・フィルム・アワード 最優秀テルグ語作品賞英語版を受賞した。1997年には『Annamayya』で15世紀のテルグ人の歌手・詩人のアンナマーチャールヤ英語版を演じ、フィルムフェア賞 最優秀テルグ語主演男優賞英語版ナンディ賞 最優秀主演男優賞英語版を受賞した。

2000年代には『Santosham』『Manmadhudu』『Sivamani』などに出演した。2003年に『Satyam』、2004年に『Mass』、2005年に『Super』でそれぞれプロデューサーを務めている。2006年には『Sri Ramadasu』で父ナゲシュワラ・ラオと共演している[10]。同作でナーガールジュナはナンディ賞最優秀主演男優賞を受賞している。2007年にラガヴァ・ローレンス英語版の『Don』に出演し、2008年には『King』でトリシャー英語版シュリハリと共演した。

2010年に『Kedi』『Ragada』に出演した。2011年には『Payanam』『Rajanna[11]、2012年に『Damarukam』『Shirdi Sai』に出演した[12]。2013年に『Greeku Veerudu』でナヤンターラ英語版と共演し、主演を務めた『Bhai』は興行的に失敗している[13]。2014年にヴィクラム・クマール英語版の『Manam』に出演し、映画はブロックバスターを記録した。また、2016年に出演した『Soggade Chinni Nayana』はナーガールジュナの主演作の中で最大のヒット作の一つとなった[14]。同年に出演した『Oopiri』もヒットを記録したが[15]、2017年に出演した『Om Namo Venkatesaya』の評価は平均的な結果に終わっている[16]。同年に出演した『Raju Gari Gadhi 2』の興行成績も芳しくなく[17]、2018年に出演した『Officer』では批評家から酷評され、ナーガールジュナにとって最大の失敗作に位置付けられている。同年には『Devadas』でナーニ英語版ラシュミカ・マンダンナ英語版アーカンクシャー・シン英語版と共演し、興行成績は平均的な結果に終わった[18]

映画以外の活動編集

テレビ編集

2009年放送のメロドラマ『Yuva』で初めてテレビ番組のプロデューサーを務めた[19]。以前はマーTV英語版の大株主だったが、スター・ネットワークに買収された際に株を放棄している[20]。ナーガールジュナは『コウン・バネーガー・カロールパティ英語版」のテルグ版番組を製作し、2014年6月9から8月7日にかけて第1シーズン、同年12月9日から2015年2月27日にかけて第2シーズンが放送された[21][22]。2015年に『Meelo Evaru Koteeswarudu』でエンターテインメント・リーダー・アワードを受賞した[23]。2019年に『ビッグ・ボス・テルグ3英語版』を製作した。

実業家編集

2013年以来、ナーガールジュナはムンバイ・マスターズ英語版スニール・ガヴァスカル英語版と共同)、マーヒー・レーシングチーム・インディア英語版マヘンドラ・シン・ドーニと共同)の所有者だった[21][24][25]。また、テランガーナ州アーンドラ・プラデーシュ州カリヤーン・ジュエラーズ英語版のスポンサーも務めている[26]。2012年と2013年にはフォーブス・インディアの「今年のセレブリティ100人」でそれぞれ36位、43位に選ばれた[27][28]ケーララ・ブラスターズFCの共同所有者の一人でもある[29]

慈善活動編集

妻アマラと共に動物福祉団体ブルー・クロス・オブ・ハイデラバード英語版を設立し、共同代表を務めている[30][31]。また、マーTV協会が実施している福祉活動にも関わっており、エイズ啓発キャンペーンのブランド大使を務めており[32]、2010年にはスタンフォード大学で設立されたNPO団体ティーチAIDS英語版のアニメーション・ソフトウェア・チュートリアルに出演している[33]

フィルモグラフィ編集

出典編集

  1. ^ Akkineni Nagarjuna rings in 56th birthday in Thailand”. The Indian Express (2015年8月29日). 2019年6月8日閲覧。
  2. ^ “I need a break: Nagarjuna”. The Times of India. (2012年4月20日). http://articles.timesofindia.indiatimes.com/2012-04-20/news-interviews/31373291_1_nagarjuna-naga-chaitanya-sri-ramadasu 2019年9月30日閲覧。 
  3. ^ Nagarjuna is brand ambassador for Kalyan Jewellers”. Business Line (2010年12月1日). 2012年11月20日時点のオリジナルよりアーカイブ。2012年10月24日閲覧。
  4. ^ “Swept away by ‘Nag' magic”. The Hindu (Chennai, India). (2011年7月11日). http://www.thehindu.com/todays-paper/tp-national/tp-andhrapradesh/article2217811.ece 2019年9月30日閲覧。 
  5. ^ 'Prince' and 'King' add Kamma Flavour to Congress”. greatandhra.com. 2019年9月30日閲覧。
  6. ^ Vidya Raja (2018年7月31日). “India's Oldest Engineering College Turns 225: 6 Alumni Who Have Made Guindy Proud!”. The Better India. 2019年9月30日閲覧。
  7. ^ “Know your Foe – Eastern Michigan 2009, famous alums, Indian actor Nagarjuna Akkineni”. Eastern Michigan University newsletter (Ypsilanti, MI). (2009年9月18日). http://spawnofmzone.blogspot.in/2009/09/know-your-foe-eastern-michigan-2009.html 2019年9月30日閲覧。 
  8. ^ “I chose life over Bollywood: Nagarjuna”. The Times of India. (2010年7月11日). http://articles.timesofindia.indiatimes.com/2010-07-11/news-interviews/28294835_1_telugu-superstar-bus-rides-discipline 2019年9月30日閲覧。 
  9. ^ Birthday Special: 60 Facts About Greekveerudu Nagarjuna For You, On His 60th Birthday”. Zee Telugu (2019年8月29日). 2019年10月2日閲覧。
  10. ^ “Sri Ramadasu floors them all”. The Hindu (Chennai, India). (2006年4月15日). http://www.hindu.com/2006/04/15/stories/2006041503530200.htm 2010年3月2日閲覧。 
  11. ^ “Nagarjuna Rajanna movie details”. http://cinema.currentweek.net/2011/04/nagarjunas-rajanna-set-caught-fire-rs.html 
  12. ^ Nagarjuna Saibaba Movie Titled As ‘Shirdi Sai’ | Currentweek Cinema”. Cinema.currentweek.net. 2012年10月24日閲覧。
  13. ^ Nagarjuna's Love Story ifilmish.com
  14. ^ AndhraBoxOffice.com. “Soggade Chinni Nayana Final Total WW Collections| AndhraBoxOffice.com”. andhraboxoffice.com. 2018年10月29日閲覧。
  15. ^ AndhraBoxOffice.com. “Oopiri (Thozha) Final Total WW Collections| AndhraBoxOffice.com”. andhraboxoffice.com. 2018年10月29日閲覧。
  16. ^ AndhraBoxOffice.com. “Om Namo Venkatesaya Final Total WW Collections| AndhraBoxOffice.com”. andhraboxoffice.com. 2018年10月29日閲覧。
  17. ^ AndhraBoxOffice.com. “Raju Gari Gadhi 2 Final Total WW Collections| AndhraBoxOffice.com”. andhraboxoffice.com. 2018年10月29日閲覧。
  18. ^ “Devadas Closing Collections”. Tollywood. (2018年10月26日). https://www.tollywood.net/devadas-closing-collections/ 2018年10月29日閲覧。 
  19. ^ “Nagarjuna launches ‘Yuva’”. The Hindu (Chennai, India). (2007年11月20日). http://www.hindu.com/2007/11/20/stories/2007112059490200.htm 2010年3月2日閲覧。 
  20. ^ “Actor Nagarjuna to focus on entertainment biz”. Business Line. (2007年12月20日). http://www.thehindubusinessline.com/2007/12/20/stories/2007122051572300.htm 2010年3月2日閲覧。 
  21. ^ a b “Nagarjuna to host Telugu KBC”. The Hindu (Chennai, India). (2014年4月19日). http://www.thehindu.com/news/nagarjuna-to-host-telugu-kbc/article5928383.ece 2019年10月2日閲覧。 
  22. ^ “Nagarjuna's Meelo Evaru Koteeswarudu Grand Finale On August 7”. OneIndia entertainment. (2014年8月14日). http://entertainment.oneindia.in/telugu/news/2014/nagarjuna-meelo-evaru-koteeswarudu-grand-finale-on-august-7-155856.html 2019年10月2日閲覧。 
  23. ^ Entertainment Leader Award to Actor Nagarjuna”. The New Indian Express. 2019年10月2日閲覧。
  24. ^ “Sunil Gavaskar and actor Nagarjuna buy Mumbai franchise of IBL – The Times of India”. The Times of India. (2013年7月18日). http://articles.timesofindia.indiatimes.com/2013-07-18/badminton/40656495_1_indian-badminton-league-ibl-team-nagarjuna 
  25. ^ After Megastar its now Superstar”. cinesprint.com. 2014年8月8日時点のオリジナルよりアーカイブ。2014年8月7日閲覧。
  26. ^ Amitabh Bachchan shoots for Kalyan Jewellers ad with South stars: view pics!”. bollywoodlife.com. 2019年10月2日閲覧。
  27. ^ Nagarjuna”. forbesindia.com. 2013年1月29日時点のオリジナルよりアーカイブ。2013年5月4日閲覧。
  28. ^ Pawan Kalyan tops Forbes list in Tollywood”. The Times of India. 2019年10月2日閲覧。
  29. ^ “Chiranjeevi, Nagarjuna to co-own Sachin's Kerala Blasters”. @businessline. (2016年6月1日). https://www.thehindubusinessline.com/news/sports/chiranjeevi-nagarjuna-to-coown-sachins-kerala-blasters/article8676707.ece 2019年8月18日閲覧。 
  30. ^ Our Team – Blue Cross Of Hyderbad”. bluecrosshyd.in. 2019年10月2日閲覧。
  31. ^ Blue Cross of Hyderabad – The Team”. Blue Cross of Hyderabad (2011年1月26日). 2011年1月26日閲覧。
  32. ^ “Maa Tv associationTeam”. Maa Tv Reach out (Chennai, India). (2011年1月26日). http://www.hindu.com/2011/01/23/stories/2011012360940200.htm 2011年1月26日閲覧。 
  33. ^ “Animation lessons on HIV/AIDS awareness released”. The Hindu (Chennai, India). (2010年11月27日). http://www.hindu.com/2010/11/27/stories/2010112765081200.htm 2010年12月1日閲覧。 

外部リンク編集