メインメニューを開く

アッバース3世ペルシア語: شاه اسماعیل‎; アゼルバイジャン語: III Şah Abbas, 1732年 - 1739年/ 1740年、在位:1732年 - 1736年3月21日)[1] は、サファヴィー朝の第11代君主。

アッバース3世
شاه عباس سوم‎
サファヴィー朝第11代シャー
Abbas III.jpg
在位 1732年 - 1736年3月
戴冠式 1732年9月7日

出生 1732年
死去 1739/40年
サブゼバール
王朝 サファヴィー朝
父親 タフマースブ2世
テンプレートを表示

生涯編集

父は第10代君主のタフマースブ2世。父がナーディル・クリー・ベグに強制的に退位させられて追われた後の1732年9月7日に、幼児のアッバースがペルシャの形式上の統治者としてシャーの座に就いてアッバース3世となった[2]。真の国の支配者だったナーディル・クリー・ベグは国王の代理である摂政に就任した。1736年3月にアッバース3世は退位させられ、ナーディル・クリー・ベグが自ら即位し、ナーディル・シャーと名乗った。これによって、サファヴィー朝は正式に終焉を迎えた。ホラーサーンサブゼヴァールの牢獄にいる父のタフマースブ2世の許に送られた[3]

1738年、ナーディル・シャーはアフガニスタンインド遠征に出発し、長男のレザー・クリー・ミールザーを遠征中の国内の留守居役として残した。ナーディル・シャーが遠征中に死亡したとの噂が流れてそれを耳にしたレザーは、後継のシャーに就く準備を始めた。ほとんどの権威のある書物等の記述によれば[4]、監禁中のタフマースブ2世とアッバース3世の父子の世話を任されているガージャール族のムハンマド・フサイン・ハーンがレザーに、ナーディル・シャーの死の知らせを聞いたサブゼヴァールの町の住民たちがタフマースブ2世を解放してシャーに復位させる暴動を起こそうとしていると警告した。レザーは、この動きに先んじてタフマースブ2世とアッバース3世を処刑するようムハンマド・フサイン・ハーンに命じた。ムハンマド・フサイン・ハーンはタフマースブ2世を絞め殺し、アッバース3世の首を刎ね、兄弟のイスマーイールも殺した。マイケル・アクスワージー("Michael Axworthy)によれば、これらの出来事がいつ頃行なわれたかは、推測ではあるが、1739年の5月か6月だとしている[5]。他の情報源[6]では、1740年としている。

脚注編集

  1. ^ Azərbaycan Tarixi. (9-cu sinif üçün dərslik). Bakı. "Aspoliqraf". 2005. səh. 63
  2. ^ Axworthy p.123
  3. ^ Axworthy p.165
  4. ^ Axworthy p.220
  5. ^ Axworthy p.221
  6. ^ Encyclopaedia Iranica、"ABBĀS III"、Lockhart [1]

参考文献編集

  • Michael Axworthy Sword of Persia: Nader Shah: From Tribal Warlord to Conquering Tyrant (IB Tauris, 2006)
  • L. Lockhart, Nadir Shah, London, 1938
  • R.M. Savory, Encyclopaedia Iranica