メインメニューを開く
本来の表記は「窫窳」です。この記事に付けられた題名は技術的な制限または記事名の制約により不正確なものとなっています。
この項目には、一部のコンピュータや閲覧ソフトで表示できない文字が含まれています詳細
『古今図書集成』所収の『神異典』より「窫窳神圖」

窫窳(あつゆ)は、中国に伝わる伝説上の怪物。猰貐とも書かれる。

概要編集

山海経』海内西経によると、もともとは蛇身人面の天神であったが、危(き)と弐負(じふ)という神によって殺された。黄帝によって崑崙山で薬をほどこされ蘇生したが、川に身を投げて怪物に変じたという。

姿は赤いのようで人面、足はのようで赤ん坊のような声で鳴く。人を襲っては喰い、の命を受けた弓の名手の羿(げい)によって退治された。

参考文献編集

関連項目編集