アテーナイのアポロドーロス

アテーナイのアポロドーロスアテナイのアポロドロスギリシア語: Απολλόδωρος ο Αθηναίος, Apollodōros, : Apollodorus of Athens, 紀元前180年頃 - 紀元前120年以降)は、ヘレニズム期ギリシアの著述家・文法学者

人物編集

医師アスクレピアデス英語版の子。ストア派の哲学者であるバビロニアのディオゲネス英語版パナイティオス、ならびに文法学者のサモトラケのアリスタルコスの弟子だった。紀元前146年頃、アレクサンドリアを離れ(あるいは追放され)、おそらくペルガモンで長く過ごした後、アテーナイに定住した。

著作編集

アポロドーロスには以下の著作があった。

アポロドーロスが書いたと思われる著作には、語源学の初期のもの、コスのエピカルモスソプロンという詩人の分析などがある。アポロドーロスは他にも多数の批評本、文法学の本を書いたが、それらは現存していない。

『ビブリオテーケー』の作者編集

ビブリオテーケー(ギリシア神話)』の作者である「アポロドーロス」は、かつては本項のアポロドーロスと同一視されていた。

参考文献編集

  • Hornblower, Simon (1996). "Apollodorus (6) of Athens". The Oxford Classical Dictionary. Oxford: Oxford University Press. 124.
  • Smith, W. (1861). [1]. Dictionary of Greek and Roman Biography and Mythology Vol. 1, p. 234. London: Walton & Maberly. 1093.
  • Greek Chronicles in translation