メインメニューを開く

アドルフ・ビアランAdolphe Biarent, 1871年10月16日 フラネ=レ=ゴスリー – 1916年2月4日)はベルギー作曲家チェロ奏者・音楽教師。

略歴編集

ブリュッセル音楽院とヘント音楽院に学ぶ。1901年にベルギー・ローマ大賞を受賞し、お気に入りの巨匠であるベートーヴェンワーグナーの足跡をたどってイタリアオーストリアドイツを遊学する。ベルギーに帰国後は、シャルルロワの音楽水準の向上に全身全霊を傾けた。

作曲家としては今日ほとんど無名であるが、セザール・フランクヴァンサン・ダンディの堅固な構成とエマニュエル・シャブリエの明晰で華麗な管弦楽法[1]のほか、ワーグナーの情熱的・悲劇的な表現と創意に富んだ半音階和声法に影響を受けており、同時代の重厚なドイツ・オーストリアの音楽に接近している。

作品編集

現在では、管弦楽曲といくつかの室内楽曲が再評価されている。

管弦楽曲編集

  • 序曲《フィンガル》 Fingal, ouverture 1894年
  • 夕べの印象 Impressions du soir 1897年
  • Trenmor, poème symphonique 1905年
  • 交響曲ニ短調 Symphonie en ré mineur 1908年
  • ヴァイオリンと管弦楽のためのソネット《神の目覚め》(ホセ=マリア・デ・エレディアによる) Sonnet pour violon et orchestre : Le Réveil d'un Dieu (d'après José-Maria de Heredia) 1909年
  • チェロと管弦楽のためのソネット(ホセ=マリア・デ・エレディアによる) Sonnet pour violoncelle et orchestre : Floridum Mare, d'après José-Maria de Heredia 1910年
  • 愛と死の伝説 La Légende de l'amour et de la mort 1910年
  • 凱旋行進曲 Marche triomphale 1910年
  • 声楽と管弦楽のための3つの歌曲 Trois mélodies pour chant et orchestre 1911年 :
    1. サンブルに沿って Au long de la Sambre
    2. ささやかな土地 Coin de terre
    3. 森の祭り La Fête au bois
  • 英雄的詩曲(ルコント・ド・リールの「ジャマール」による) Poème héroïque, d'après Hjalmar de Leconte de Lisle 1911年
  • 交響組曲《中近東の物語》 Contes d'Orient, suite symphonique 1911年
  • ピアノと管弦楽のための《ワロン狂詩曲》 Rhapsodie wallonne, pour piano et orchestre 1911年

室内楽曲編集

ピアノ曲編集

  • ソネット Sonnet, pour piano 1904年
  • セレナード Sérénade, pour piano 1904年
  • 3つの小品《スケッチ》 Esquisses, trois pièces pour piano
  • 夜想曲 Nocturne, pour piano 1905年
  • 《アルバムの一葉》と《夜想曲》 Feuille d'Album et Nocturne pour piano 1905年
  • 12の前奏曲《中世》 Douze préludes Moyen-Age, pour piano 1913年

声楽曲編集

  • Œdipe à Colone, cantate pour soli, chœurs et orchestre 1901年
  • 声楽、ハルモニウム、ピアノ、ハープ、ホルンのための《ノクチュルヌ》 Nocturne, pour chant, harmonium, piano, harpe et cor 1905年
  • メゾソプラノとピアノのための《8つの歌曲》 Huit mélodies, pour mezzo-soprano et piano

参考資料編集