メインメニューを開く

シャルルロワCharleroi)は、ベルギー南部ワロン地域エノー州の都市。2008年1月1日現在で人口は201,593人であり、ワロン地域最大、ベルギー第4の都市である。都市圏人口は約50万人。工業地帯として鉄鋼、ガラス、化学、電機を中心に発展している。

シャルルロワ市
Charleroi - Hôtel de Ville - 2012.jpg
シャルルロワ市の市旗 シャルルロワ市の市章
市旗 市章
位置
エノー州におけるシャルルロワ市の位置の位置図
エノー州におけるシャルルロワ市の位置
座標 : 北緯50度24分 東経4度26分 / 北緯50.400度 東経4.433度 / 50.400; 4.433
行政
ベルギーの旗 ベルギー
 地域 ワロン地域の旗 ワロン地域
 州 エノー州の旗 エノー州
 市 シャルルロワ市
市長 Paul Magnette
地理
面積  
  市域 102.08 km2
人口
人口 (2008年1月1日現在)
  市域 201,593人
  都市圏 522,522人
公式ウェブサイト : www.charleroi.be

日本語表記では他にシャルレロワシャルルロアシャールロアシャルロアシャルロワシャルルワなどが用いられることもある。

歴史編集

シャルルロワの名前は、南ネーデルラントの君主でもあったスペインカルロス2世にちなむ(Charles roi:フランス語でシャルルカルロスのフランス語形)+王)。

フランス革命の恐怖政治の時代には、非キリスト教化運動の影響でシャルルロワはシャールリーブル(Char libre : 自由の戦車)に改称させられた[1]

交通編集

スポーツ編集

姉妹都市編集

出身者編集

脚注編集

参考文献編集

  • 『近代フランスの歴史-国民国家形成の彼方に-』谷川稔渡辺和行編著、ミネルヴァ書房、2006年2月。ISBN 4-623-04495-5
    • 谷川稔「第二章フランス革命とナポレオン帝政 3.文化と習俗の革命」『近代フランスの歴史-国民国家形成の彼方に-』、2006年。ISBN 4-623-04495-5

外部リンク編集