メインメニューを開く

アニマルマン』 (The Animal) は全身に動物のパーツを移植されてしまった警官の騒動を描いた動物ファミリーコメディ映画。

アニマルマン
The Animal
監督 ルーク・グリーンフィールド
脚本 トム・ブラディ
ロブ・シュナイダー
製作総指揮 アダム・サンドラー
ジャック・ジャラプト
出演者 ロブ・シュナイダー
音楽 テディ・カステルッチ
撮影 ピーター・ライオンズ・コリスター
編集 ペック・プライアー
ジェフ・ガーソン
公開 アメリカ合衆国の旗 2001年6月1日
日本の旗 2002年4月6日
上映時間 84分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
製作費 $22,000,000
テンプレートを表示

2001年製作、ルーク・グリーンフィールド監督によるロブ・シュナイダー版「フランケンシュタイン」をコンセプトとしたアメリカ映画。恋人役を演じるコリーン・ハスケルは、人気リアリティ番組サバイバーの元出演者である。

ストーリー編集

虚弱体質のため警察官採用試験に落ち続け、事務員として警察署に勤めるマーヴィン。

留守番中に強盗事件の通報が入り、一人で緊急出動した彼は、山奥でアシカを避けようとして車ごと崖から転落してしまう。瀕死の重傷を負った彼は怪しげな博士に手術されるが、それはさまざまな動物の器官を移植されるというものだった。

仕事に復帰した彼は一躍ヒーローに!ところが、次第に動物たちの本能が発揮されるにつれてマーヴィンにはコントロールができなくなり、大騒動を引き起こす。

キャスト編集

※括弧内は日本語吹替

外部リンク編集