アパートメント・ゼロ

アパートメント・ゼロ』(Apartment Zero)は、1988年に製作されたアルゼンチンイギリスの映画。

アパートメント・ゼロ
Apartment Zero
監督 マーティン・ドノヴァン
脚本 デヴィッド・コープ
マーティン・ドノヴァン
製作 マーティン・ドノヴァン
デヴィッド・コープ
出演者 コリン・ファース
ハート・ボックナー
ドーラ・ブライアン
音楽 エリア・クミラル
撮影 ミゲル・ロドリゲス
製作会社 スティーヴン・J・コール・プロ[1]
配給 東京テアトル
公開 日本の旗 1989年9月2日
上映時間 124分
製作国 アルゼンチンの旗 アルゼンチン
イギリスの旗 イギリス
言語 スペイン語
英語
テンプレートを表示

ストーリー編集

アルゼンチンにある映画館を経営するエイドリアンは、経済的な支援目的でアパートのルームメイトを探していたところ、ジャックという男性を気に入り、ルームメイトとして迎え入れる。 ジャックは誰からも好かれる一方、エイドリアンはジャックを独占したいと考えていた。 その矢先、エイドリアンの知人で、映画館の受付を担当するクラウディアからジャックの正体が連続殺人犯であることを告げられる。ジャックはクラウディアを殺した後、エイドリアンにその後処理を協力させる。やがて、エイドリアンの心の支えであった彼の母親が死に、精神の均衡を崩した彼はジャックを殺す。 後日、エイドリアンがジャックの遺体に話しかける場面で物語は幕を下ろす。

キャスト編集

  • エイドリアン:コリン・ファース
  • ジャック:ハート・ボックナー
  • マーガレット:ドーラ・ブライアン
  • メアリー:リズ・スミス
  • カルロス:ファブリッツィオ・ベンティヴォリオ
  • ローラ:ミレッラ・ダンジェロ
  • エイドリアンの母:エリヤ・アンドレオーニ
  • クラウディア:フランチェスカ・ダローヤ

関連項目編集

脚注編集

  1. ^ キネマ旬報データベース2011年9月8日閲覧。

外部リンク編集