アピトン

木材の一種

アピトンフィリピン名: apitong)は、東南アジア一帯に分布するフタバガキ科フタバガキ属Dipterocarpus)の広葉樹の総称である[1]。別名としてマレー語インドネシア語ではクルインKeruing[1]インドスリランカでは gurjun[1]ビルマ語では ကညင် /kəɲɪ̀ɰ̃/ カニンタイ語では ยาง /jāːŋ/ ヤーンクメール語では ឈើទាល チューティアルベトナム語では dầu と呼ぶが、ことさら重硬な種は別の呼称を持っている場合がある[1]。本項目ではフタバガキ属の樹木から得られる材の性質に焦点を当てることとする。

材質編集

日本には同じフタバガキ科のラワンメランチ類に次ぎ大量に[2]、主にフィリピンインドネシアから南洋材の一つとして輸入されてきた。散孔材で心材は暗赤褐色、木利は通直で、材はラワンより重厚である。用途はフローリング材、トラック貨車などの板材などに利用されている[3][4]

気乾比重0.65-0.85[2]とやや重硬で多くは沈木シリカを含み、心割れを生じやすい[1]。耐久性は樹種により差があり、抗虫性大[1]重構造船舶車両埠頭橋梁建築床板、実用家具、合板に用いられる[1]。ただ材面からヤニが出やすく、実のところ家具には適さない[2]

脚注編集

[脚注の使い方]
  1. ^ a b c d e f g 熱帯植物研究会 編 編「クルイン, アピトン Dipterocarpus 属」 『熱帯植物要覧』(第4版)養賢堂、1996年、96頁。ISBN 4-924395-03-X 
  2. ^ a b c 緒方, 健フタバガキ(双葉柿)」 『世界大百科事典』(第2版)平凡社、2000年https://kotobank.jp/word/apitong-1220742  (CD-ROM)
  3. ^ 平井信二「アピトン」『新版 林業百科事典』第2版第5刷 p11-12 日本林業技術協会 1984年(昭和59年)発行
  4. ^ アピトン”. アピトン市場. 2020年4月29日閲覧。

関連項目編集