アマーリエ・フォン・ゾルムス=ブラウンフェルス

アマーリエ・フォン・ゾルムス=ブラウンフェルス(Amalie von Solms-Braunfels, 1602年8月31日 - 1675年9月8日)は、オランダ総督オラニエ公フレデリック・ヘンドリックの妃。オランダ語名アマリア・ファン・ソルムス=ブラウンフェルス(Amalia van Solms-Braunfels)。ゾルムス=ブラウンフェルス伯ヨハン・アルブレヒト1世と妻アグネス・フォン・ザイン=ヴィトゲンシュタインの娘として、ブラウンフェルスで生まれた。父方の祖母エリサベト・ファン・ナッサウは、ウィレム1世の同母妹である。

アマーリエ・フォン・ゾルムス=ブラウンフェルス
Amalie von Solms-Braunfels
Amalia van Solms (Gerard van Honthorst, 1650).jpg

出生 (1602-08-31) 1602年8月31日
死去 (1675-09-08) 1675年9月8日(73歳没)
配偶者 オラニエ公フレデリック・ヘンドリック
子女 一覧参照
家名 ゾルムス家
父親 ゾルムス=ブラウンフェルス伯ヨハン・アルブレヒト1世
母親 アグネス・フォン・ザイン=ヴィトゲンシュタイン
テンプレートを表示
アマリアと夫フレデリック・ヘンドリックの肖像。ホントホルスト画。マウリッツハイス美術館所蔵

生涯編集

プファルツ選帝侯フリードリヒ5世の一家に仕え、18歳の時に亡命した主人一家と共にハーグへ辿り着き、間もなくオラニエ公マウリッツの異母弟フレデリック・ヘンドリックの愛人となった。2人の関係を知るマウリッツは、死の床で弟にアマリアとの結婚を約束させて死亡、1625年4月、アマリアはオラニエ公となったフレデリック・ヘンドリックと結婚した。

夫妻はハーグ宮廷を受け継ぎ、ハウステンボス宮殿などを建設させた。アマリアは子供達を他国の王族・貴族と縁づかせることに努力した。長男ウィレム2世が若死にすると、幼い孫ウィレム3世の主たる後見人となり、嫁のメアリー・ヘンリエッタと長女ルイーゼ・ヘンリエッテの夫でブランデンブルク選帝侯フリードリヒ・ヴィルヘルムと共にウィレム3世を支えた。

1649年スペインフェリペ4世は、アマリアにトゥルンハウト(Turnhout, 現在のベルギーアントウェルペン州の町)周辺の所領を授けた。

子女編集