メインメニューを開く

アメリカ革命人民同盟(アメリカかくめいじんみんどうめい、スペイン語: Alianza Popular Revolucionaria Americana、略称:APRA[2])は、1924年5月7日ビクトル・ラウル・アヤ・デ・ラ・トーレ英語版亡命先のメヒコ市で設立したペルー中道左派政党である。社会主義インターナショナルに加盟している。党名の略称から単にアプラ(APRA)党とも。

ペルーの旗 ペルー政党
アメリカ革命人民同盟
Alianza Popular Revolucionaria Americana
Flag of APRA.svg
党旗
党首 アラン・ガルシア
成立年月日 1924年5月7日
共和国議会
5 / 130
(2016年)
政治的思想・立場 中道左派
社会民主主義[1]
民族主義[1][2]
民主社会主義[3]
進歩主義
公式サイト Partido Aprista Peruano
国際組織 社会主義インターナショナル
ラテンアメリカ・カリブ政党常設会議
テンプレートを表示

概要編集

当初はホセ・カルロス・マリアテギとも交流があった創設者のアヤ・デ・ラ・トーレはマルクス主義を標榜し[4]、折から起きていたインディヘニスモ運動への接近を軸にペルーでの社会主義暴力革命を目指していた。同党はペルーの政治の中で次第に大きな勢力となり、ペルー軍、ペルー警察との衝突の中、党の弾圧を行ったペルーの大統領サンチェス・セロ暗殺などを実行したが、次第にペルーの寡頭支配層と結び付き、1960年代にはペルーの腐敗した民主主義の一翼を担う存在となった。

1968年に成立したフアン・ベラスコ・アルバラード将軍の率いるペルーの軍事革命政権と対立すると、軍政とアプラ系の労働組合は互いに衝突を繰り返したが、ベラスコ将軍が自らの健康上の理由で失脚してペルー革命が不完全な成果のまま終焉し、その後の軍事政権が1980年の選挙で民政移管すると、1985年に党首アラン・ガルシアが大統領となり、党は結党以来61年目にしてはじめてペルーの政権を握ることとなった。

その後2006年の選挙で再びアラン・ガルシアが大統領に選出された。

脚註編集

[ヘルプ]
  1. ^ a b アメリカ革命人民同盟 アメリカかくめいじんみんどうめい Alianza Popular Revolucionaria Americana; APRA”. コトバンク. ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典. 2019年10月4日閲覧。
  2. ^ a b APRA【アプラ】”. コトバンク. 百科事典マイペディア. 2019年10月4日閲覧。
  3. ^ 大串和雄ペルーの新聞」『情報メディア研究資料センターニュース』第14号、東京大学社会情報研究所、2002年3月。
  4. ^ 小倉英敬『マリアテギとアヤ・デ・ラ・トーレ―1920年代ペルー社会思想史試論』56頁、新泉社