アラブサット-1A

サウジアラビアの最初の人工衛星

アラブサット-1Aアラビア語: عربسات-A1‎、英語: Arabsat-1A)は、サウジアラビアアラブ衛星通信機構英語版が運用する通信衛星。サウジアラビアの初の通信衛星であり、アラブ諸国の通信サービスの提供のために利用されている。エアロスペシアルスペースバス100英語版衛星バスを基に製造し、2機のNATO E英語版/Fバンド英語版(IEEE Sバンド)通信機と25機のNATO G英語版/Hバンド英語版(IEEE Cバンド)通信機を搭載している。打ち上げ時で重量は1170kg、運用寿命は7年間とされた[1]

アラブサット-1A
Arabsat-1A
主製造業者 エアロスパシアル
サウジアラビアの旗 サウジアラビア
運用者 アラブ衛星通信機構英語版
国際標識番号 1985-015A
カタログ番号 15560
目的 通信衛星
計画の期間 7年間
打上げ場所 ギアナ宇宙基地 ELA-1英語版
打上げ機 アリアン3
打上げ日時 1985年2月8日、23時22分00秒 (UTC)
物理的特長
衛星バス スペースバス100英語版
質量 1,170kg (燃料込み)
532kg (燃料なし)
軌道要素
周回対象 地球周回軌道
軌道 静止軌道
静止経度 東経19度
近点高度 (hp) 33,911km
遠点高度 (ha) 35,849km
離心率 (e) 0.02348
軌道傾斜角 (i) 0.2度
軌道周期 (P) 1390.1分
トランスポンダー E/F帯(NATO)×2
G/H帯(NATO)×25
テンプレートを表示

アラブサット-1Aはアリアンスペース社によって1985年2月8日23時22分00秒(GMT)にギアナ宇宙センターELA-1からアリアン3で打ち上げられた[2]。スペースバス利用の衛星の最初の1機であり、東経19°の対地同期軌道に投入された[3]。打ち上げ直後、太陽光パネルの展開に失敗し、結果として稼働能力が減っている。

その後、一連のジャイロスコープの作動不良によって稼動状態を終了し、バックアップ機としての運用に移った[1][4]。1991年9月、衛星の高度制御システムにも障害が発生し、東に向けて漂流し始めた。1992年3月に最終的に運用が放棄された[5]

関連項目編集

注釈編集

  1. ^ a b Krebs, Gunter. “Arabsat 1A, 1B, 1C / Insat 2DT”. Gunter's Space Page. 2009年7月5日閲覧。
  2. ^ McDowell, Jonathan. “Launch Log”. Jonathan's Space Page. 2009年7月5日閲覧。
  3. ^ Wade, Mark. “Arabsat”. Encyclopedia Astronautica. 2009年7月5日閲覧。
  4. ^ Harland, David M; Lorenz, Ralph D. (2005). Space Systems Failures (2006 ed.). Chichester: Springer-Praxis. p. 221. ISBN 0-387-21519-0 
  5. ^ Arabsat 1A”. TSE. 2009年6月2日時点のオリジナルよりアーカイブ。2009年7月5日閲覧。