メインメニューを開く

アランブルック子爵英語: Viscount Alanbrooke)は、かつて存在した連合王国貴族子爵位。1946年アラン・ブルック陸軍元帥が叙されたのに始まり、3代アランブルック子爵アラン・ブルック英語版2018年に死去したのをもって廃絶した。

アランブルック子爵
Coronet of a British Viscount.svg
Arms of Viscount Alanbrooke.svg
Arms: Or, a Cross engrailed per pale Gules and Sable, in the first quarter a Crescent Gules. Crest: A Brock statant proper. Supporters: On either side an Officer of the Royal Horse Guards in full dress proper, supporting with the exterior hand an Escutcheon Azure, charged with seven Barrulets wavy Argent, surmounted by a Salmon rising Gules.
創設時期 1946年1月29日
創設者 ジョージ6世
貴族 連合王国貴族
初代 初代アランブルック男爵アラン・ブルック
最終保有者 第3代アランブルック子爵ヴィクター・ブルック
相続資格 初代子爵の直系の嫡出男系男子 (The 1st Viscount’s heirs male of the body lawfully begotten)
付随称号 アランブルック男爵
現況 断絶
断絶時期 2018年1月10日
紋章標語 GLORIA FINIS
(栄光は終わりへ)

目次

歴史編集

(コールブルックの)第3代準男爵サー・ヴィクター・ブルック英語版の六男で第二次世界大戦中に帝国参謀本部総長英語版を務めたアラン・フランシス・ブルック(1883-1963)は、1945年9月18日勅許状連合王国貴族爵位ファーマナ州におけるブルックバラのアランブルック男爵(Baron Alanbrooke, of Brookeborough in the County of Fermanagh)、ついで1946年1月29日の勅許状で連合王国貴族爵位ファーマナ州におけるブルックバラのアランブルック子爵(Viscount Alanbrooke, of Brookebrough in the County of Fermanagh)に叙せられた[1][2][3]

初代子爵には息子が二人あり、初代子爵の死後、長男トマス・ブルック英語版(1920-1972)が2代子爵位を継承したが、彼には子供がなく[2][4]、その死後には初代子爵の次男であるアラン・ヴィクター・ハロルド・ブルック英語版(1932-2018)が3代子爵位を継承した。彼にも子供はなかったので2018年1月10日の彼の死去をもってアランブルック子爵位とアランブルック男爵位は廃絶した[2][5]

アランブルック子爵 (1946年創設)編集

脚注編集

[ヘルプ]

出典編集

  1. ^ Lundy, Darryl. “Field Marshal Alan Francis Brooke, 1st Viscount Alanbrooke” (英語). thepeerage.com. 2017年12月31日閲覧。
  2. ^ a b c Heraldic Media Limited. “Alanbrooke, Viscount (UK, 1946)” (英語). Cracroft's Peerage The Complete Guide to the British Peerage & Baronetage. 2017年12月31日閲覧。
  3. ^ Heathcote 1999, p. 59.
  4. ^ Lundy, Darryl. “Thomas Brooke, 2nd Viscount Alanbrooke” (英語). thepeerage.com. 2017年12月31日閲覧。
  5. ^ Lundy, Darryl. “Alan Victor Harold Brooke, 3rd Viscount Alanbrooke” (英語). thepeerage.com. 2017年12月31日閲覧。

参考文献編集

  • Heathcote, Tony (1999). The British Field Marshals, 1736–1997: A Biographical Dictionary. Barnsley: Leo Cooper. ISBN 0-85052-696-5. 

関連項目編集