アラー・ウッディーン・アーラム・シャー

アラー・ウッディーン・アーラム・シャー(? - 1478年)は、インド北部を支配したサイイド朝の第4代(最後)の君主(在位:1445年 - 1451年)。

アラー・ウッディーン・アーラム・シャー
サイイド朝第4代君主
在位 1445年 - 1451年

死去 1478年
王朝 サイイド朝
父親 ムハンマド・シャー
テンプレートを表示

生涯編集

第3代君主・ムハンマド・シャーの子。1445年の父の死で即位する。しかし父と同じく弱小君主で重臣の権力闘争を抑えきれず、宰相が権力を握った[1]

しかし、1451年にバフルール・ローディーがこれに介入し、宰相を罷免し、ここにサイイド朝は滅亡した[1]

しかし、アーラム・シャーは新たなローディー朝のもとで年金を受け取って生活を許され、1478年に没している[1]

脚注編集

  1. ^ a b c ロビンソン『ムガル皇帝歴代誌』、p.152

参考文献編集

  • フランシス・ロビンソン、月森左知訳 『ムガル皇帝歴代誌 インド、イラン、中央アジアのイスラーム諸王国の興亡(1206年 - 1925年)』 創元社、2009年。 

関連項目編集

先代:
ムハンマド・シャー
サイイド朝
1445年 - 1451年
次代:
滅亡