ムハンマド・シャー (サイイド朝)

ムハンマド・シャー(? - 1445年)は、インド北部を支配したサイイド朝の第3代君主(在位:1434年 - 1445年)。

ムハンマド・シャー
サイイド朝第3代君主
在位 1434年 - 1445年

死去 1445年
子女 アラー・ウッディーン・アーラム・シャー
王朝 サイイド朝
父親 ファリド・ハーン(ムバーラク・シャーの兄弟)
テンプレートを表示

生涯編集

第2代君主・ムバーラク・シャーの甥。1434年にムバーラク・シャーが宰相に暗殺されると、即位した[1]。その後、父を殺害した宰相らを処刑し、貴族らに忠誠を誓わせた[1]

しかし若年のために重臣間の権力闘争を抑えきれず、ムハンマドも政治に関心を示さず奢侈と酒色にふけって、王朝の混乱を助長させた[1]

1445年に死去し、子のアラー・ウッディーン・アーラム・シャーが後を継いだ[2]

脚注編集

  1. ^ a b c ロビンソン『ムガル皇帝歴代誌』、p.151
  2. ^ ロビンソン『ムガル皇帝歴代誌』、p.152

参考文献編集

  • フランシス・ロビンソン、月森左知訳 『ムガル皇帝歴代誌 インド、イラン、中央アジアのイスラーム諸王国の興亡(1206年 - 1925年)』 創元社、2009年。 

関連項目編集

先代:
ムバーラク・シャー
サイイド朝
1434年 - 1445年
次代:
アラー・ウッディーン・アーラム・シャー