アリスベー

ギリシア神話の人物

アリスベー古希: Ἀρίσβη, Arisbē)は、ギリシア神話の人物である。長音を省略してアリスベとも表記される。主に、

 メロプスの娘アリスベーの系図
 
ラーオメドーン
 
メロプス
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
プリアモス
 
アリスベー
 
ヒュルタコス
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
アイサコス
 
アシオス
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
アダマース
 
パイノプス
 
 
 
 
 
 

が知られている。以下に説明する。

メロプスの娘 編集

このアリスベーは、ペルコーテーの予言者メロプスの娘である。最初、アリスベーはトロイアの王プリアモスと結婚し[1][2]アイサコスを生んだ。しかしプリアモスはプリュギアの王デュマースの娘ヘカベーと結婚するために彼女をヒュルタコスに与えた[1]。アリスベーはヒュルタコスとの間にアシオスを生んだ[3]。息子のうちアイサコスは彼女の父と同様に予言者となり[1]、アシオスはトロイア戦争において、ペルコーテー、セストス、アビュドス、アリスベーの軍勢を率いてトロイアを救援して戦った[4]

マカレウスの娘 編集

このアリスベーは、レスボス島の王マカレウスの娘で、キュドロラーオス、ネアンドロス、レウキッポス[5]、エレソス[6]、メーテュムナ[7][8]、ミュティレーネー[8]、アガメーデー、アンティッサ、イッサと兄弟[2][9][10]

その他の女性 編集

脚注 編集

  1. ^ a b c アポロドーロス、3巻12・6。
  2. ^ a b ビューザンティオンのステパノス英語版、Arisbe。
  3. ^ アポロドーロス、E(摘要)3・35。
  4. ^ 『イーリアス』2巻835行-839行。
  5. ^ シケリアのディオドロス、5巻81・8。
  6. ^ ビューザンティオンのステパノス、Eresos。
  7. ^ シケリアのディオドロス、5巻81・6。
  8. ^ a b シケリアのディオドロス、5巻81・7。
  9. ^ ビューザンティオンのステパノス、Agamede。
  10. ^ ビューザンティオンのステパノス、Mytilene。
  11. ^ ツェツェース『リュコプローン注解』1298。
  12. ^ ツェツェース『リュコプローン注解』1308。

参考文献 編集