デュマース古希: Δύμας, Dymās)は、ギリシア神話の人物である。長音を省略してデュマスとも表記される。主に、

プリュギアの王デュマースは神話の中でサンガリオス川(現在のサカリヤ川)と結びつけられている。

などが知られている。以下に説明する。

プリュギアの王編集

このデュマースは、プリュギアの王である。系譜についてははっきりせず、一説によるとエーイオネウスの子で、海神プローテウスの孫にあたるといい[1][2]、また別の説によるとテュロスの王アゲーノールの子ポイニクスの子孫であり、ヘレネーとは遠く離れた同族であるという[3]

河神サンガリオスの娘エウノエー[4]あるいはエウアゴラーと結婚し[1]ヘカベー[5][6][7][8][9][10][3][11]アシオス[12][11]メゲース[13]、オトレウスをもうけた[14]

子供たちのうちヘカベーはトロイアプリアモスと結婚して多くの子供たちの母となった。ただし、ヘカベーはキッセウスの娘とも[15][6][8][9][10]、河神サンガリオスとメトーペーの娘とも言われる[6]。アシオス[11]およびメゲースの子供たちはトロイア戦争の際にプリュギア勢を率いて戦った[16]。オトレウスはトロイア戦争以前にプリアモスを救援してアマゾーン族と戦った[14]

アイギミオスの子編集

このデュマースは、ドーリス人の王アイギミオスの子で[17][18][19]、パムピューロスと兄弟である[17][18]ヘーラクレイダイの味方をして彼らの帰還を助けたが、オレステースの子ティーサメノスとの戦争でパムピューロスとともに戦死した[18]

その他の人物編集

脚注編集

  1. ^ a b エウリーピデース『ヘカベー』3行への古註。
  2. ^ レーロスのペレキューデース断片、136。
  3. ^ a b クレータのディクテュス、1巻9。
  4. ^ 『イーリアス』16巻718行への古註。
  5. ^ 『イーリアス』16巻715行。
  6. ^ a b c アポロドーロス、3巻12・5。
  7. ^ ヒュギーヌス、91話。
  8. ^ a b ヒュギーヌス、111話。
  9. ^ a b ヒュギーヌス、243話。
  10. ^ a b ヒュギーヌス、249話。
  11. ^ a b c クレータのディクテュス、4巻12。
  12. ^ 『イーリアス』16巻717行。
  13. ^ スミュルナのクイントゥス、7巻606行。
  14. ^ a b 高津春繁『ギリシア・ローマ神話辞典』p.88a。
  15. ^ エウリーピデース『ヘカベー』3行。
  16. ^ スミュルナのクイントゥス、7巻606行以下。
  17. ^ a b ヘーシオドス断片、10。
  18. ^ a b c アポロドーロス、2巻8・3。
  19. ^ パウサニアース、7巻17・6。
  20. ^ ウァレリウス・フラックス、4巻160行。
  21. ^ ウァレリウス・フラックス、4巻187行。
  22. ^ スタティウステーバイド』6巻559行。
  23. ^ スタティウス『テーバイド』10巻348行。
  24. ^ スタティウス『テーバイド』10巻435行。
  25. ^ スミュルナのクイントゥス、8巻303行。
  26. ^ 『アエネーイス』2巻340行-429行。
  27. ^ 『オデュッセイアー』6巻22行。
  28. ^ 『オデュッセイアー』6巻23行。

参考文献編集