メインメニューを開く

アリ・ハッサン・ムウィニ

アリ・ハッサン・ムウィニ(Ali Hassan Mwinyi, 1925年5月8日- )は、タンザニア政治家で第2代大統領ザンジバル革命政府第3代大統領。

アリ・ハッサン・ムウィニ
Ali Hassan Mwinyi
Ali Hassan Mwinyi 2.jpg

任期 1985年11月5日1995年11月23日

出生 (1925-05-08) 1925年5月8日(94歳)
Flag of Tanganyika (1923–1961).svgイギリス領タンガニーカ英語版ザンジバル
政党 タンザニア革命党(CCM)

ザンジバル出身。初代大統領のニエレレ政権下で内相や副大統領を務めた。また、1984年1月から1985年10月まではザンジバル大統領も兼任した。1985年11月にニエレレ大統領が引退すると、ムウィニは大統領に就任。ニエレレの社会主義政策の見直しや、複数政党制の導入、貿易制限の緩和など、ムウィニ政権下でタンザニアは自由化への道を歩み始めた。

市場経済化などで一定の成果を収めたムウィニだったが、一方で汚職、贈賄、脱税が政権下で蔓延したとの非難もある。1995年に大統領職から退き、現在はダルエスサラーム市内に居住している。

関連項目編集