アルスラーン・シャー

アルスラーン・シャー(? - 1176年)は、イラン西部とイラクを支配したイラク・セルジューク朝の第8代スルターン(在位:1161年 - 1176年)。

アルスラーン・シャー
イラク・セルジューク朝第8代スルタン
在位 1161年 - 1176年

死去 1176年
王朝 イラク・セルジューク朝
父親 トゥグリル2世
テンプレートを表示

生涯編集

父は第3代スルターンのトゥグリル2世。父は1134年に死去したが、そのときはまだ幼かったため、生母がアゼルバイジャンを領有していた有力なマムルークであるイル・ドュグュズイル・ドュグュズ朝)と結婚し、その養育を受けた[1]イラク・セルジューク朝では内紛が続いていたが、1161年にイル・ドュグュズはスライマーン・シャーを廃してアルスラーンを擁立した[1]。その功績によりドュグュズに大アタベクの称号を与えられ、アルスラーンの治世において重要な役割を果たした[1]

脚注編集

  1. ^ a b c 永田、p. 116

参考文献編集

  • 永田雄三 『世界各国史 9 西アジア史 II』 山川出版社、2002年
先代:
スライマーン・シャー
イラク・セルジューク朝
1161年 - 1176年
次代:
トゥグリル3世